wasteland

ミナト螢

真夜中を折り返す靴下に
冷たい指を隠して座った

追われているような気分
追いかけてるような時間

迷路を抜け出す道がない
その胸の果てはどこなの

ススキが揺れて手を振り
さよならと言う気がした

この場所を離れたくなる
自信がなくても未来まで

寂しさに紛れて笑えたら
ゆっくりと立ち上がるよ

重力で痺れる前にもっと
十分な答えを知っていた


濡れたジーンズに染まる
真夜中に手を出していく

握った雨と音を裏返せば
新しい歌が聴こえて来る

未開拓の夢に飛び乗った
あの頃みたいに汚くても

両腕に扉が生まれるまで
一緒に歩いてくれないか

シャツが透けるほど光る
その言葉を指に乗せると

必ず塗り替えられる世界
もうだって前へ進んでる

芝生の上にある水溜りで
冠のような仲間に会えた

wasteland

wasteland

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted