人生はむずかしい

西川詩乃

天照大御神様はいらっしゃいます。

人生はむずかしい
生きる中で、したらよい事としてはいけない事を5つずつあげてみてください。

人生というのは、したらよい事としてはいけない事を10個ずつあげるよりも、難しいものなのです。
なぜ、難しい人生を生きるかというと、幸せを知るためです。
美味しい食べ物を食べる、栄光をつかむ、大切な人と過ごす‥幸せだと感じる事は、生きていないとできません。
難しい人生を生き、幸せを知るためには、神様を信じなければなりません。
日本の一番上の神様は女神様で、天照大御神様といいます。
日本人は、世界的に有名な宗教といっしょに、天照大御神様の事も信じてよいのです。
天照大御神様はとても大きな方で身長が3~5メートルあり、女神様ですが、男に似た体をしています。

日本のある町に、世界で一番悪い事をした24才の女性Vがいました。
Vは犯罪者でしたが、警察がつかまえていませんでした。
それはもう、神様の出番です。
悪人として世界一のVを、外国の神様も気にしていて、天照大御神様にたずねました。
「Vの事を、どうするつもりだ?」
「Vは警察に捕まっていない。それは、空気の魔法の心遣いがあるからじゃ。今、私が良い娘をVの会社に入れている。だから、心配ない。」
天照大御神様は言いました。

天照大御神様は雲の上から、地上をながめて、微笑みました。
良い娘というのは、28才のさえみちゃんの事です。さえみちゃんは、20才から23才までの間、日本で最も悪い恋をした女性でした。さえみちゃんが間違った人と付き合ったせいで、本当の運命の相手で病気で亡くなってしまいました。
心と体をボロボロにしてしまい、さえみちゃんはしっかりと働けていません。
でも、この5年間、さえみちゃんは恋をやめ、懸命に生きてきましたし、無罪です。
だから、天照大御神様は、さえみちゃんがVを変えてくれると信じていました。

さえみちゃんは、100パーセント元気な状態ではありませんでしたが、年下上司のVの前で、良い社会人としての姿勢を見せました。
さえみちゃんは、Vが犯罪者だと見抜き、その先の未来を予想しました。
警察に、Vの犯罪の証拠をつかまれたら、一生刑務所暮らしです。
でも、さえみちゃんは悟っていました。
刑務所に入っても、Vの魂だけが抜け出し、いつかスターになってしまうと‥。
これは、さえみちゃんくらいにならないと分からない難しい事です。
さえみちゃんは、Vが刑務所に入らなくても、これから罪を犯さないようになればいいと思いました。
Vは結婚する事になり、会社をやめました。
それから先は、旦那さんの責任です。

天照大御神様も、さえみちゃんがした事をたたえました。
また、さえみちゃんは、一人暮らしをずっと我慢していました。
社会人になると、一人暮らしをして自立する事も幸せの一つです。
それができないさえみちゃんは泣きましたが、天照大御神様はさえみちゃんに褒美を与えることにしました。
それは、双子の姉妹です。
さえみちゃんの運命の人は亡くなっているので、結婚はできませんが、さえみちゃんは憧れの双子の女の子を手に入れたのです。

さえみちゃんは神様に感謝をし、元気に暮らせるようになりました。

人生では、幸せになるために、我慢をしなければなりません。
人生が難しい物だと分かれば、日々のささいな苦しみから、解放されることでしょう。

いつでも神様を信じてください。
ピンチの時は、天照大御神様に祈ることです。

人生はむずかしい

人生はむずかしい

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted