魔法つかいになれたら

あおい はる

 本屋さんで、おんなのひとが、立ち読みしていた本が、魔法つかいになるには、なんていう感じの、題名の本だったのだけれど、もし、いま、これから、魔法つかいになれるとしたら、まず、なにをしたいか、すこしだけかんがえてみたのだけれど、よくある、ふつうに、へいぼんな、空を飛びたい、しか、思い浮かばなかったよ、せんせい。
(ぼくのせんせいは、しろいくま)
 きょうは、さむい夜だから、せんせいの淹れたミルクティーが、甘くて、あたたかくて、ちょうどよかった。ブランケットにくるまって、せんせいの、ふかふかしているようで、意外と筋肉質な、せなかに、そっと寄りかかる。冬の夜は、空気が澄んでいるから、ぱち、ぱち、と、星のはじける音が、よくきこえて、それが、こもりうたになる日もある。せんせいが、ぼくを、ぎゅっ、と抱きしめてくれる割合は、一晩に二回、三回ほどで、ほんとうは、ずっと、いっしょにいるあいだは、抱きしめていてほしいのだけれど、せんせいは、せんせいだから、しごとがいそがしくて、それは、ぼくも、わかっているつもりだから、ちゃんと、がまんしているよ。せんせいに抱きしめられたとき、からだじゅうの細胞が、鳴くの、きゅっ、と鳴いて、心臓や、内臓なんかが、しだいに熱をもって、細胞は、ちいさな声で、切なげに、鳴きつづける。せんせいが好きだって、叫んでるみたいだ。

魔法つかいになれたら

魔法つかいになれたら

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND