奇妙な執事とじょうおうさま

豆腐

  1. 朝の猫
  2. 夜の執事

朝の猫

 私には執事がいる。まあ、庶民から見れば驚くことかもしれませんが、当然でしょう。私は白く華やかで、優雅な存在であるもの。

 私の執事は少し変わり者だけど、365日24時間ほとんど休みなしで、私の執事をこなしているわ。もう3年になるかしら……。

「サクラ、ご飯ですよ!」
 柔らかな王座型のクッションから顔を見上げると、窓の向こう側で太陽が顔を覗かせている。必ず決まった時間に食事を出すことは、執事としては普通よね。

 最高級の食事、良質な水、快適な空間……何1つ苦しい事はないのだけど。強いて不満があるとしたら、この執事何を言っているか分からないのよね、ほんと。
 
 物凄く集中して聞き取ってみても、意図が伝わってない。ただ分かるのは、私の衣食住の為に毎日奉公に出ているということ。それから、私にひとめぼれしているってことかしら……ほんと、美しさって罪ね。

 食事を食べ終わると、まずは朝のブラッシング。可愛らしい肉球柄のブラシで背中から腰まで丁寧に施される。まあ、私の毛はとっても長いから大変だとは思うのだけど。

 毎日ながらに困ったことが1つ……いくら私の毛が白くて服についたら目立つからって、下着1枚だけというのは執事としていかがなものかしら。
 私は文句の1つや2つは言っているのだが、もちろん伝わってくれるものでもないし。

 起きてしばらくすると、食事と水分の準備をして出ていく執事。まあ、主人として玄関でお見送りくらいはしてあげるけど、朝はゆっくりできないものかしら。

「今日もしっかり励むのよ。もっと高級なデザートを期待しているからね」
 声をかけると執事は私の目線に合わせるように、しゃがみこむ。
「何だよ、行ってほしくないのか? 俺だって行きたくないんだが。行ってくるよ」

 執事は、私の頬に頬ずりをして嬉しそうに出ていく。
 まあ、不快ではあるのだけど何回言っても伝わらないし、執事への給料だと思って我慢することにしている。

 部屋の扉がガチャンと大きな音を立てて、静かになるまでの5秒間。それが永遠ではないかと疑うほど長く感じられることが時々ある。

 次その音を聞くのは、12時間後。私が生きるために執事は働いているのだから、仕方ないと分かっているのだけれど、この退屈を恨まない日は無い。
 
 いつも少しだけ考えてしまう。次に、その扉が開くことが無かったらどうしようと。また私の毛が黒ずんでいた頃に戻されてしまうのではないかと。

 手から柔らかさが伝わるマットで出来たタワーを上り、最上階でうずくまってみるとカーテンが開いた窓から、執事が歩いているのが見える。
 いつも通りくたびれたスーツが、見えなくなるのを確認してから、軽くジャンプし床に降りると温かい。

 ん~? 不思議だわ。毎年この時期になると、執事が出発してから5分程で、床が凄く気持ちいい温かさになるのよね。
 それはもう、意識が飛ぶくらいに。

 次に目を覚ました時には、1人で遊ぶとしようかしら……運動も勤めの1つよね。
 自分の腕に顔を乗せて、寝る体勢を作る。極力丸くなりながら、床の温かさに集中していく。執事が、無事に帰ってきますように。

夜の執事

 夜のコンビニとは、何故か安心するもので毎日のように立ち寄っている。田舎だと、街灯も少なく、闇が広がる道で安心できるのは煌々と光るこの場所位だろう。

 早く帰りたい、早く帰りたいと昼間ずっと考えているくせに、さて夜になると道草を食って外で吐き出した煙を見ているわけだから、俺というやつは矛盾している。

 25から働き始めて、忙しく食事も趣味もままならない中、まさか俺自身も猫を飼うなんて、思ってもいなかった。忙しさからか、当時付き合っていた交際相手とも疎遠になり、健康診断の結果も異常値のマークが付き始めて、精神的にも肉体的にも限界が近かった俺が、何かを養うなど出来る訳がないと思っていた。

 しかし、意外なもので土砂降りが止んだ次の朝に家の近くで鳴き声が聞こえて、彼女と目が合ってしまえば、そんなものは関係なくなってしまっていた。拾わないという選択肢はなく、気が付いたら家族になっていた。

 初めて見つけたときは、勿論汚かったが、その目は惹かれる……焦がれる程に美しかった。俺は、目で惚れやすいらしい。困ったもので、恋した相手は人間ではなかったというわけだ。汚くなった体も洗い綺麗にしてやれば、白く美しい毛に青く綺麗な瞳が更に俺を魅了した。

 そこから生活は一変した。俺の給料は、彼女の全ての欲求を満たす為に、彼女を幸せにするために。勿論、世話をする俺が万全であることにも使用した。

 教師をしている俺は、勿論生徒の為に動くわけだが、その動くためのエネルギーは彼女に他ならない。規則正しい食事、睡眠、適度な運動、そして彼女のおかげで健康が保たれている。

 まあ、傍から見たらキャバクラの美人に貢ぐ事や、推しキャラクターの関連商品に貢ぐ事とそう変わりが無いだろう。ただ、それ以上に夢中になっていると自負できる。

 まるで高貴な彼女に心を支配されているような、満たされた毎日なのだ。サクラ自身がどう思っているかは分からないが、ただ2人ともお互いがいない生活には戻りたくないと思っていることだけは確かだ。

 死んでいた過去には戻りたくない。あそこは地獄だ。生きていない毎日に価値はない。思い出す事すら嫌悪を感じる。
 今一番寂しい時は、朝この扉を閉める瞬間で。今一番嬉しい時は、夜この扉を開ける瞬間で。
 ギィーっと重い音をたてて、扉を開ければ玄関マットの上に美しく座る彼女がいる。扉を開ける前に、耳をあてても走ってくる音は聞こえないことから、俺が帰る時間を推測して待っているのだろう。

 めちゃくちゃ愛おしい……。溜息がこぼれるくらいである。

「あー! もう! 可愛すぎるだろ! いや、美しすぎる。もう、我慢ならない!」
 玄関マットの上のサクラにダイブする。お腹の温かさと、フワフワな毛を感じながら思いっきり息を吸い込む、そして吐く……最高に幸せで言葉にならない。

 サクラは思いっきり後ろ足で、俺の頭を蹴り蹴りしているが、痛みより愛おしい。

「よし! 補充完了! 俺とサクラの飯を準備するから、少し待っててな」
 お腹がすいているのか、足元をちょろちょろとついてくる。

 準備の間は、足元で俺が顔を埋めた所を念入りに毛づくろいしている。相当嫌らしい。

 後で遊んでやらないと、明日まで根に持たれそうだな。高いキャットフードの上から、液状スティックタイプのおやつをかけてやると、テーブルの横で綺麗におすわりしている。  
 いやはや、可愛すぎる。このシーンを写真に撮りたいところだが、前に撮ろうとした際、待たせすぎたせいか激おこであった。早く出すに限る。

 カリカリという音を聞きながら、自分の食事も摂るこの時間も幸せを感じる瞬間である。なんと、愛おしいことか。俺には勿体ないくらいの幸せである。
 週末は給料日だから、彼女の玩具でも増やすか……キャットフードの補充をするか、そろそろ風呂にでもいれるか。悩ましい。毎日が幸せすぎる。

 これは、俺とサクラの幸福な日常の物語である。

奇妙な執事とじょうおうさま

奇妙な執事とじょうおうさま

自分を高貴だと思っている3歳の猫サクラと、サクラに恋する主人の凸凹恋愛コメディモノ。猫視点だったり、主人視点だったり。 2000字~3000字程度で1話を構成し、4コマ漫画をイメージした軽い作品。 サクラは自分は女王様で、世話をしてくれているのは執事と思っています。主人は、サクラに恋い焦がれている一方通行な恋愛。しかし、本当は……?

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted