撫でる声

音澤 煙管

撫でる声

嵐のあとは騒がしい……


肌寒く感じる風の音。

肘を隠すこの頃は、
オリオン座が大きく現れる。

忙しない雲の渦が暴れ去り、
澄んだ星空に染まる夜。

渦の残像が隙間風に乗り、
顔を急いで撫でてゆく。

気疲れしたあとの安堵感に、
冷えないようにと頭が動く。

心のノートを開けてみろと、
喋り出した月灯り。

あの子が昔から好きな人、
今は誰も好きじゃない風と。

眠れなかった真夜中の、
問いに困り顔の母の風に。

何も告げずに黙って出て行く、
真夜中に父が立ち去った車の風が。

好きとも言えずに転校した、
照れたあの子の視線が届いた風を。

自分の弱さを隠すため、
傷つけた友人たちの風も吹く……

今の夜空は、
ココもお前も騒がしいと言って居る。

撫でる声

撫でる声

嵐のあとは騒がしい……

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • アクション
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted