明るい夜

音澤 煙管

明るい夜

人が寝静まった夜中の頃、

人が居ない理想の時間……


深い闇の世界とは大嘘で、
夜は騒がしく生きている。

見えないものが沢山彷徨いて、
昼間とあまり変わらない。

夜空は明るく、
暗い夜なんて見当たらない。

騒がしく思うのは、
自然の澄んだ音だけしているから。

この世界は、
人が動かないから自然なんだ。

人の雑音や声も無い、
誰もが願う理想の世界。

愉しみと言うものは、
無言で居ても幸せになれる事。

この世界は人の限りを教えてくれる、
それを越えてはいけないと言う。

精霊と話せる時間、
声も要らない優しい時間。

眩しく煩いだけの昼間より、
騒がしく明るい夜が好きだ。

煩わしい人が居ない、
明るい夜が大好きだ。

明るい夜

精霊たちと話したくて。

明るい夜

人が居ない理想の時間。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted