五時間目のチャイム

花野 尋


嗚呼、制服がぬれて
沈んでいく
泡がちいさく、ちいさく上っていく
それはすこし眠たい、五時間目の退屈な時間に似ている


汚いに綺麗が入り込んだ様は
純粋ではなくなっていく女子高生に似ている


重くなればなるほど、軽くなっていく
水中、誰かがわすれたゴーグル
わたしみたい


消えていく意識とうっすらと遠のいていく
五時間目のチャイム

五時間目のチャイム

五時間目のチャイム

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted