聞こえないように、あたし

西園寺リルケゴール作品集1

聞こえないように、あたし

   






誰にも媚びないのは母譲り。ずいぶん損してきたかもしれない。

「米櫃を覗いて今日の朝ごはん」という一行でよい。本当は米櫃なんてないのだけど。冬、薄ら寒い。夏は夏で酷いもの。いいの、それでもわたしが選ぶ。
わたしのことでなくてもいい。わたしの詩の沸点。ピース缶爆弾。蓋だけ吹っ飛んだらいい。わたしではなく言葉。添加物には毒がある。
窓の射光は孤高だろうか? 渾身のネタを華麗にスルー。孤高の射光は窓の交錯に美しい。ならいいんじゃね?
いや、美しいなんて浅ましい。数独パズル。暇つぶしは賢明な穀潰し。あてはめるもの。空白があるから。いや、それもわたしらしくないな。
なにがしか恋愛感情。浅ましいどころか震えちゃう。だって、あたしがだよ。え、わたし、「あたし」だって。浅ましいよ、照れながら、わたしが、穀つぶしが、「あたし」。

聞こえないように、あたし。

媚びないあたし。

射光、きれいだな。




  

聞こえないように、あたし

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

聞こえないように、あたし

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-06-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted