日々のおと/スケッチ

辻生 海香

僕の部屋はちょうど谷間へ向かう角にあって
強く風の吹く夜は部屋の角でもって風をきりさくかたにになる

その音のなかで私は
まるで電車にのっているようだと思いつつ
ふやけたうどんをすすっていた

日々のおと/スケッチ

日々のおと/スケッチ

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted