溺愛

あんかけ焼きそば 作

彼の私への溺愛ぶりは

とどまらない

ほら、目の下にクマが出来ているよ

目の下をなでる

よく出来たね

髪をなでる

痩せているのに

チカラが強くて

手が大きくて

私の手をなでる 小さいねって

お仕置!と理由つけて

太ももをさわる

抱きつくと

支えながら

不器用に 私のウエストを触り

細いって笑う

いろんな話しをしてくれる

はいはいと聞くと

もっと話す

時々子供見たいで 時々先生見たいで

私に触れる時は、ほんとに嬉しそうで

そんなあなたから

私は、溺愛されている

溺愛

溺愛

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-03-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted