僕らが払う代償を

西園寺リルケゴール 作

僕らが払う代償を

  
   









僕らが払う代償を いつか僕らは知るのだろうか


ガスの街

ひとを吐く地下道

押し黙る顔の中で

あなたは懐かしいと言った

あなたは僕を懐かしいと

海を知りたかったあなたを

僕があなたに行き着くことのなく

あなたが閉じた

過ちのない鼓動

駆けることが速すぎて


諦観


僕はまた  夜を知る




  
   

  

僕らが払う代償を

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

僕らが払う代償を

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-03-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted