時を踏む

西園寺リルケゴール 作

時を踏む

  
   








陽が降りて空 パンロール

あっちにいけと 天気雨

あなたザブンと 泡の色

恋を知るから ひとを知る

走る影には 草の色

ガラス細工が 転ぶ空

三日目ならば 想うひと

いつの日かへと 帰るひと

こんな初めを 海に投げ

あの夏だった あの願い

わたしはいつも わたしはいつも 時を踏む




  
   

  

時を踏む

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

時を踏む

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-03-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted