品が無い奴

音澤 煙管 作

昔は、何時も側に居た奴…


それは突然に、
目の前に現れて
そいつが終わりの時に、
再び現れた。


文章のはじめに拝啓、
終わりに必ず敬具と書く。

男女の事を、
男性女性と言う。

先生の事を恩師と呼ぶ、
その恩師は沢山居ると言う。

食事の前に掌を合わせる、
食べ終わった後にも必ず。

お風呂は二番を避ける、
一番最初か一番終わりに。

保護した猫は八匹飼っている、
そのお陰で猫好きになった。

煙草は両切りピース、
お酒はスコッチしか嗜まない。

考える時や悩む時は、
何時も爪を噛む癖がある。


そんな奴が、
去年他界した親父だった…

品が無い奴

品が無い奴

不潔とか不衛生とかでは無い…

  • 自由詩
  • 掌編
  • 時代・歴史
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-02-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted