終わりの楽園

あおい はる 作

(楽園は、まだ遠く)

 あの日。
 きみが水槽のなかに、沈んだ日。
 ぼくというにんげんが、にんげんであることをやめた日。
 おそらく、見えないところで世界のはんぶんが、溶けた日。
 思い出のなかにいつもきみがいることはなくて、ぼくはでも、きみという存在を忘れないように、いつもきみのことを考えている。
 虚無、という言葉がときどき、あたまのなかをぐるぐるとまわって、実に、にんげんらしいことをしている、と、しみじみすることもあった。
 にんげんであることを、やめたはずなのに。
 窓を開けて夜空を見上げたら月があって、月をじっと見ていたら次第に滲んで、丸かったはずの月がぶよぶよに膨らんで、震えていた。

 コンビニに、アイスクリームを買いに行くみたいな感じで部屋を出た、きみの、うしろ姿が知らない誰かと重なったとき、やりきれなくなる。
 二十三時になると突きつけられる、孤独。
 おまえはにんげんなんだよとささやく、いじわるな神さまが憎い。
 ぼくは、にんげんだからきみのこと、好きだし、忘れないようにと努めるのだけれど、それが、つらかった。くるしかった。
 胸のなかに、なにかこう、綿みたいなものを詰められたような感覚が、ぼくを苛むんだ。

(壊してほしい)

 にんげんでいるから、孤独に嘆く。
 にんげんだから、つらかったり、くるしかったりする。
(にんげんをほんとうにやめたら、でも、どうなる?)
 どうぞ、誰かぼくの胸を開いて、ぎゅうぎゅうに詰まっているであろう綿を、どうか取り除いてと。
 祈る。
 祈りは、自由だった。
 ぼくはきみを、じゃまな足枷だと思ったことなどないし、ぼくを一生捕らえておくための首輪だとも、思ったことはないよ。
 雪をきれいだと感じたことはないけれど、きみのこと、きみの、眠っているときの顔、それはなによりも、きれいだった。

終わりの楽園

終わりの楽園

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-01-26

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND