理想的なある家族の情景

沙山 雪 作


私はみた、

隣のご主人は駅前の喫煙所で
身を隠すようにたばこを吸って
身を寄せるように若い女の子と
商店街の寂れた方の道を選び
古びたラブホテルに消えてゆく

のを。



私はみた、

隣の奥さんは都心の百貨店で
黒のストッキングを買っていて
そういえば普段より若くみえて
綺麗にお化粧を綺麗な色の服を纏い
喫茶店で男の人と笑っている

のを。



私はみた、

隣の一人息子はスーパーマーケットで
お菓子売り場をうろうろして
ランドセルを背負いなおす仕草で
手に握るラムネ菓子とチョコレートを
素早く手提げ袋に入れて逃げる

のを。



私はみた、

隣のご主人と奥さんと一人息子は
楽しそうに笑いながら車に乗り
動物園に行くのと大きな荷物で
お弁当とか敷物とか折り畳み式椅子とか
トランクに積んで本当に楽しそうな

のを。



私はみた、

隣のご主人と奥さんと一人息子は
それぞれ家を出るときに仮面をとって
あっその仮面は苗字仮面だって思って
私の持ってる苗字仮面よりも
なんだか少し質が良くない

のを。



私はみた、

隣のご主人と奥さんと一人息子は
苗字仮面をつけて駅に向かって歩いて
親戚の結婚式だから田舎に帰るのと
きっと結婚式場には何種類かの
苗字仮面をつけた人々が集まる

のを。



私はみた、

私の苗字仮面は少し汚れていたから
綺麗にしようと苗字仮面を手に庭へ
隣の庭で隣の奥さんも苗字仮面の手入れを
していてあらおはようって笑顔で
お互いの苗字仮面は見えない風に装う

のを。



私はみた、

隣の家族は理想的な幸せ家族で
私の家族は理想的な幸せ家族で
みんなみんな理想的な苗字仮面を
つけたりはずしたり思いのほか忙しくて
それが理想的な情景である

のを。

理想的なある家族の情景

理想的なある家族の情景

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-01-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted