煙草とお父さん*

yuki.y 作

ヘビースモーカーの
お父さんの子供だもの
煙草なんて余裕で吸える
と思った十八歳の冬に
ませた歳下の女の子に
勧められるがままに
冷気と一緒に吸い込んで
むせて泣いてそして慣れて
匂いが嫌いになって
二十歳でやめた

てるてる坊主は嫌い
首つりふらふらの
お父さんだから
苦しそうだもの
明日が晴れるなんて
思えないんだもの

首つりふらふらの
お父さんの子供だから
刃物は怖いの
ビルの屋上は怖いの
駅のホームは怖いの
踏み切りは怖いの
横断歩道は怖いの

ふと背中をぽんっと
押されて逝きそうに
なる誘惑にかられそうに
なりそうで泣きそうに
泣きそうになるから

煙草を吸うお父さんは好き
煙草の匂いのお父さんは嫌い
首つりのお父さんは大嫌い

何処をみているの?
何故笑っているの?

お父さん昨今はね
愛煙家は嫌われ者だよ
加熱式たばこっていうのが
主流になったんだよ

煙草を吸うお父さんは好き

だった

またお墓まで会いにゆくよ
一緒に煙草でも吸ってみようか

煙草とお父さん*

煙草とお父さん*

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-01-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted