一月のサクリファイス

西園寺リルケゴール 作

一月のサクリファイス

   



   


   



   

  





受胎するFの起源 

スプーンの上のエントロピー 

チョコミントが終わる飽和

わたしは一つずつ 生死を解体していかなければならない

日曜の朝 凄惨な放送のエピローグは 同胞たちの命の意味なのだ
   



   


   



   

  

一月のサクリファイス

第二作目の詩集『わたしは西園寺リルケゴールです。どうかこの詩をゆっくりスワイプさせながら、ゆっくりと読んで下さい』を電子書籍(Kindle ダイレクト・パブリッシング)で発行しました。

2019年1月11日にAmazonからダウンロード販売します。
現在予約注文を承っています

よろしければぜひお買い求め下さい
http://amzn.asia/d/bKkcLPa

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

一月のサクリファイス

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-01-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted