*星空文庫

フリ

るえかの雨 作



「もう別れよう」

何度目かわからない言葉を僕は吐き出す。
君への愛はもうここにはないんだ。

じゃあ、なんで君といるかって?
ただ、独りは寂しいから。 それだけの理由なんだ。


僕は正直に君へ告げる。正直すぎるほどに。
どうしてだかわかる?

僕たちが別れられない、って知っているからだよ。


君は僕の首を絞める。

「失いたくない。いっそ…」

君の涙が僕の頬に落ちる。

殺せ。殺してみろ。 僕は目を閉じる。


だって感じるんだ。

そんな力じゃ、人は死なない。

君が僕を殺せるわけがない。


気狂う愛情を君から感じたことなんてない。
ただ失いたくないんだろ?

寂しい時に隣にいる誰かを。ヤリたい時に側にある穴を。
それから、…何だろうね。


僕は言う。

「もう、おしまいだ」

「嫌だ! 黙れ!」

君は泣きながら、今度は僕に平手を繰り出す。
僕は両手で自分の顔をガードしながら、痛みに涙が滲む。


でも、これすらもフリだろう?

僕が骨折したり、顔中痣だらけになったことなんてない。
そんなことになったら、問題が起こる。


君はちゃんと分かっているんだ。
自分の守り方を。


そうして、泣き疲れて脱力した僕を、謝りながら抱く。

「ごめん。許してくれ。お前を失いたくないんだ」ってね。



くだらないこの茶番劇を何度も繰り返す。

フリさえしていれば、独りにならない僕は、君の自己愛を僕に向けられたものだと言い聞かせて。

そして目を瞑るんだ。

『フリ』

『フリ』 るえかの雨 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-10-12
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。