*星空文庫

鞍馬口、200メートル

西園寺リルケゴール 作

鞍馬口、200メートル

   



   



   

  



   



   



 










通り

挫いて

擦り切れて

あと

200メートル

角の果実店

いつもの女

磨いている

レモン

一切れ

その

鮮やかさ

少し

小さな

この

世界

切り替わる

乾いていた

魂の

呼吸が

新しい

一粒へと

アパート

辿り着いて

ようやく

知る

街が

事物が

ひとが

この無名の存在を

尊くさせてくれたことを。
   



   



   

  



   



   



 

『鞍馬口、200メートル』

※鞍馬口は京都市上京区にある地名。

初めての詩集をを電子書籍で発行しました。現在予約注文中です。10月13日に配信されます。
どうぞお買い求め下さい。
こちらからご予約どうぞ。
http://amzn.asia/d/iQlwEz0

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

『鞍馬口、200メートル』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-10-11
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。