オモイビト

ゆぴ 作

こういう場所に来るたび、つくづく不思議な場所だとセイギは思った。

男が男と体を重ね合う、いわゆる"ハッテン場"である。衣服は全て脱ぎ、バスタオルだけを腰に巻いてロッカー室を出た。奥へ進むため、廊下を進み左右に並んだ小部屋を覗いていく。普段目にしている日常とはかけ離れた、下品かつ卑猥な行為がどこに顔を向けても必ず目に入り込む。しかし、セイギはこの下劣とも言える光景がなぜか好きだった。

向かいからやってきた男が身体を擦り寄せてきた。背中に腕を回される。肌のハリを見る限り20歳くらいか。
「お兄さん…すっごくタイプ…。僕とえっちしよ…?」
「ははっ、悪いが今はな。また今度、ぐちゃぐちゃに犯してやるさ。」
寂しそうな顔をする青年に、蕩けるようなキスを施し、突き放すように反対方向へ背中を押した。そのまま早足で廊下を進む。

いつもこうやって誘いは断る。
俺はヤりに来てるわけじゃない。
この空間が好きなんだ。この馬鹿げた空間が。

セイギはシャワーをサッと浴びたあと、一番奥の広そうな部屋に入った。
床にはマットが並んでいて、どこに目を向けたって全裸の男たちが重なり合っている。


ふと、部屋の隅のマットに膝を抱えて座っている全裸の男が目に入った。目の前に立っても、眼鏡の奥の眼球さえ動かさない。眼鏡のせいで隠れているが、かなり美形だ。歳はだいたい俺の4、5つ上といったところか。

その焦点も合っていない男に、なぜか惹かれてしまった。久しぶりに、ヤるか。

「おい兄ちゃん、なにボーっとしてんだよ」

顎を掴んで俺の方に顔を向かせると、徐々に焦点が合っていく。そのまま押し倒し、男の股の間に身を入れる。俺がここまでやって一言も発さず、誘いも抵抗もない男は初めてだ。
「おい、なんか喋れって。それとも勝手に犯していいのか?」
尻穴に指を伸ばすと、すでにパクパクしていて、ナカから白濁が溢れ出る。
「おまっ…!今日どんだけやってんだよ」

からかうつもりで軽く頬を叩く。
するとこの男が初めて口を開いた。

『…償うから…償いますから…っ、許してください……許して…』
衰弱した声。しかしこれは身体的ではなく精神的に、だ。
なぜこの男がここへ来たのか。何があったのか。彼のガラスのような瞳から、計り知れない感情が滲み出ているのがわかる。

「お前、何があってここに来た。ここに来るような人間じゃねえんだろ。話、聞いてやるから」
汗で張り付いた前髪をよけて頭を撫でてやると、一瞬驚いた顔をしたが、落ち着いたのかゆっくりと話し始めた。
『実は…恋人がいたんです…でも、、俺のせいで下半身が動かなくなってしまいました…』

お前のせいで

夢も何もかも失った



俺の前から消えろ



『そう言われて…自分にはどうすることもできなくて…遠くまで逃げてきたんです。俺は最低な人間ですよ。』


だから償いたいんです。


「なるほど。知らない野郎にケツ掘られることが自傷行為ってわけか。」

掘られて、犯されて、性処理にされることで

神様に救ってもらえるとでも思ってんのか

考えてみろ

こんな場所に来る時点で善良なわけがない。

この偽善者が。



「じゃ、思う存分犯してやるよ。」

その代わり、俺で最後にしな。

お前はここに来るべきじゃない。


くそ、こんなクズ相手に好意を抱くな、俺。



今までも散々ヤッてきたのか、苦しげもなく挿入できた。

『ふ、は、あぅ、…早く…動いてください…』

「お前さ、煽ってんのか?」

壁に張り付くように立たせ、バックで突く。引き抜く際には離すまいと肉壁が絡みつき、奥へ押し込む際には中へ中へと律動する。そのただならぬ感触と、既に知らない誰かによって形作られたナカに、相当な調教をされていたんだろうと顔が勝手に歪む。他人のモノを犯している気分に浸れて気分がいいのだ。

しかし、それは同時に「手を出してはいけない」という自分への警告でもあった。こいつはどうせ、別れたソイツのことを想って順応に犯されてるんだろう。

「ひう、ん…ミツ…ミツル…しゅき、、…」

ああ、ムカつく。

壁に押し付けた状態で後ろから覆い、顔だけ無理やり斜め左上に向かせる。目に涙を溜めて、長い睫毛を濡らす。濃い眉毛も八の字になっていて、声を漏らすのが精一杯で口も塞がらないようだ。なんて絶景だよ、これ。

「セイギって呼べよ。他の男のこと考えんな。今は俺だけ感じてろ。」

『セ、イギ…さん…?』

右手は壁について震える身体を支えるのに必死のようだ。左手で俺の銀髪をくしゃ…と撫でる。

「は、は…っ、セイギさ…もっと、奥まで、、突いて…?」

「くっそ…!だから煽ってんじゃねえよ…!」

徐々に速くなるピストンに、嬌声しか発せなくなった唇に自然と吸い寄せられる。

『あ…ふ、、ぁん、んん!!??セイギひゃ…んんんッ、』

怖気ついた彼の舌を引っ張り出すように舌を口内へ侵入させ、上顎の歯列をゆっくりとなぞる。それが引き金となったのか、壁に彼の精液がどぴゅどぴゅ、と吐き出された。

同時に俺もナカへ吐き出す。肉壁に導かれるように、2度ぱん、ぱん、と深く突き、最奥へ送り込んだ。対して彼は、立っていられなくなったのか脚が震えて壁にすがりついている。

軽い悲鳴は俺の口内へ発せられ、ぷはぁ、と銀の糸を引いて唇が離れる頃には目が虚ろになっていた。


シャワー室で後処理をしながら、邪魔な眼鏡を外してやる。

「あんた、眼鏡がねぇ方がいいんじゃねえか?コンタクトにしろよ。」

『え、そうですか??その…眼鏡の方が、少々知的かな、なんて』

「こんなとこ来る時点で知的じゃねえだろ」

『それもそうですね笑 じゃあコンタクト、挑戦してみます』


初めて笑った顔を見た。

それはとても美しかった。

今まで見た誰よりも。何よりも。

でもダメなんだ。彼に恋をしちゃいけない。

彼には想い人がいるんだから。


そう思っていた。


4年後、アニキが運営する詐欺会社の事務所で


君と再会するまでは。

オモイビト

オモイビト

ミツゼロ前提のセイゼロ hnnm注意 ドリキンより4年前のおはなし ガッツリ裏やってます

  • 小説
  • 掌編
  • 成人向け
更新日
登録日 2018-09-16

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work