まがいもの

どうして君は

僕だけのものになってくれないの?

わがままな、振る舞いとはうらはらな

優しくて、とてもかわいい微笑みに

だまされているのは

僕だけなの?

[私を、捨ててちょうだい]

そうお願いされた時

僕は、捨てないと言ったんだ。

君の言葉を待っていた

それなのに、君は何も言わず
いつもと同じように僕のそばにいた

言いたかった

絶対、離さないから 離れないでほしい

君は、言わせてくれなかった

君は、まがいもの

とても魅力的な ガラスの微笑み

まがいもの

まがいもの

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted