*星空文庫

眼鏡女子観察

yumieisuke 作

店内は、飲食店らしく油汚れが目立つ、とくに厨房がひどい、何度も掃除はしたがやはり黄ばんだ様子はちょっと近寄りがたい、やはりそこは男性バイト君たちにまかせるべし、そもそも私はわりと肩幅が広いので、厨房には近づかない、いやな顔をされそうだ。丁度お昼時、店は少し混雑していた、とおもいきや、今日は、この時間にしては珍しく静かで、注文がやんだので私はメモ帳をとりだして、右胸ポケットからペンもとりだした、シャシャッと店内をスケッチする、奥はよっつ丸テーブルがならんでいて、長椅子が壁にそうように配置されている、通路側の椅子は、あしのついたものがふたつずつ配置されている。手前はカウンター席と、その左に丸テーブルひとつ、そこは割と人気の場所で、カウンターのすぐまよこでへこんだ場所ということもあるが、有名人のサインがならんでいたり、写真もかざってあるのだ、都内のわりと有名なラーメン屋ならではのことである、バイト代はやすいけど、換気扇がうるさいのはカウンターの中だけ、カウンター席はわりとたかく、よっつ並べられた椅子も普通より高い、カウンターの右奥は見えないようにキッチンになっている、わたしはそちらの奥の男性バイト二人が休憩して水を飲んでいるのをちらりとみて、レジを見つめつつ、こっそりスケッチとメモ、人間観察を始めた。

手前の眼鏡女子は、ギョウザから入っている、口臭は問題ないのだろうか、いいやエチケットのために何かそういうたぐいのアイテムを持っている筈だ、たとえば霧吹きのように口にシューっとするやつとか、あるいはアメみたいにスーッとする匂いのよくあるアレとか。ショートカットで金髪、黒目がおおきくて、目鼻立ちがはっきりしていて、山なりのまぶたが深く刻まれた彫刻みたいにはっきりと、口にはこばれた餃子にあわせてぎょろぎょろと動いた。ニットカーディガンに短いデニムのパンツと、インナーは薄い紺色。

二人目は、一番左奥の座席の女子。入口付近で、カウンターからだと一番遠くになるけれど、なんとか目を凝らした。ラーメン屋の中はごみごみしてて人の声もうるさいしそれほど苦ではなから……ばれないように特徴をスケッチ、それから人間観察、ハンチング帽をかぶって厚ぼったい唇、服はオフショルダーとワイドパンツ肩まで伸びた黒髪たれ目、癒し系。探偵だろうか、まさか人間観察をする私を怪しんで誰かに依頼をうけて……そんなわけはないか、その人は丸テーブルに一人でこしをおろし、ラーメンをすすっていた。私の読心術によると、さっきからなんどもああ、もう、と小さな口をとがらせつぶやいて眼鏡の曇りをふいている。
「あるある~」
私もよくやるやつである、しかし眼鏡をはずしてはにらめつけているので、眼鏡に恨みでもあるのだろうか、あるいは伊達か?とおもいきや、右手で何度も手探りで調味料スペースを探しているらしい。テーブル中央あたりにそれはお盆にのせられて、たくさんの種類が置いてある、一目見ただけでは分からない人もいる。どうやら度が合わないのか、くもってみえなかったのか、七味をてにとってババっとラーメンにかけた、近頃多い、香辛料系女子である、かけ過ぎはよくないよ、といいたくなる。だがしかし、やはり、眼鏡を付けている時点で、それが伊達だろうとなんだろうと、愛をもっているのだ、そこでその女の子を疑うことをやめた、彼女は紛れもなく眼鏡系女子。

最後はカウンターの真ん中にすわるスマート系女子、たったいまおしぼりをとりだして手をふいている所だった。スマホをいじっていた手をとめてすぐさまポケットにいれる、姿勢もシャンとして、その様子がかっこいい。麺少な目の注文で野菜もりもりの野菜ラーメンの注文である。しかしこの女子はラー油がすきらしく少しあとからかけた、ゴマもくわえて、卵もくわえてニコニコ顔で「ダイエット中なんです」っていってた、そうなのだろうか?だけどすらりとした足と体は嘘をつかないし、長身だ、何かそういう仕事をしているのかもしれない。髪は前でわけていて、肩にかかるかかからないかのショート、スーツ姿で仕事が出来そうな感じだ。食べるのも早く、一番早くごちそうさま、ってのれんをくぐりでていってしまった。

店内には、女子のほかにおじさん二人、初老の男性と若い人、昼にしてはお客はすくなく、人間観察にはことかかない。
私は伊達メガネ女子。アルバイトをしながら同人誌、漫画を描いている。今度眼鏡女子だけを集めた眼鏡女子会的な作品をかくから、今日はずっと観察してる、ニッチな市場だろうし、伊達メガネだからあやしまれないし、私自身、女子でよかった。
しいていうなら、私は、お昼はラーメン屋で食べないかな、ここの店長怖いし。丁度奥から声がかかった。

「ほら、ささと働け」

「はーい」

『眼鏡女子観察』

『眼鏡女子観察』 yumieisuke 作

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-08-10
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。