闇組織モブ×宇海零

ゆぴ 作

宇海零。
表向きは小学生に授業をする優しい塾教師だ。しかし実は、本当の顔は悪組織から金を盗み、貧しい人々に配る、『ゼロ』と呼ばれる裏社会のヒーローである。



彼がいる場所はどこなのか。


いつの間にか睡眠薬で眠らされ、コンクリートに覆われた地下室に閉じ込められていた…

激ピンク注意

「あ……あぁぁぁ……っ! や、いやらぁ……まら、イぐ……イっぢゃ、あ! んあぁぁぁー……っ!!」


二の腕を胸部に括り付ける縄と、背中で肘から先を重ねさせられた腕を縛り上げる縄を上半身に与えられ。左右の足首と太ももを短く繋いで足を伸ばす事を禁じる縄を下半身に与えられ。

それらの縄と部屋の天井に打ち付けられたフックを後から新しく結わえられた別の縄で結合された宇海が、腹側を下にして宙吊りにされた裸体を激しく痙攣させながら絶頂を迎えた。

だが、宇海を嬲る機械は動きをとめない。男根を睾丸から絞り出す縄と上半身の自由を奪う縄を結ぶ、尻の谷間に沿って這わされた縄を使って固定された極太のアナルバイブは、宇海が絶頂を迎えている事などお構い無しに暴れて、容赦無く次の絶頂を要求してくる。


「も、らめ、りゃめぇぇ……! も、イげない……しぇーえき、れないのに……イぐの、とまんにゃい! やら、やらぁぁ! まらイぐ! イぐイぐイぎゅぅぅぅっ!!」


バイブの表面に生えた無数の醜悪なイボが、柔らかな腸壁をめちゃくちゃに掻き毟り、宇海の腸内を雌の快楽で絶え間無く蹂躙する。

数え切れない程に絶頂させられた男根はもはや精液を情けなく放出する事も出来ず、絶頂の度に先端の穴を虚しくパクパクと開閉させている。

イってもイっても終わらない絶頂地獄。そこから抜け出したくても、縄で縛られ、無様に吊るされた宇海にはどうする事も出来ない。
拘束された手ではバイブのスイッチに触れたくても触れられず、縄で固定されたバイブは尻穴に力を込めてもひり出せはしない。

彼は、尻穴に押し込まれたバイブの動きにただただ翻弄され、甘い悲鳴を発しながらイき狂うしか無い。



もしかして、このまま死ぬまでイかされ続けるのだろうか。



快楽に思考をかき乱されながら宇海は恐怖を抱く。
そんな彼の耳に、足音が聞こえた。背後から近付く足音に気付いた宇海は、甘い喘ぎと荒い呼吸が混ざった声で必死に許しを求める。


「あぅ、あ…・・た、じゅげで、くらひゃい……! んっ、あぁぁ! もぉ、もぉ……イぎだぐない……イきっぱなし、いやぁ! ゆりゅじで、ゆりゅじでぐだひゃいぃぃぃぃっ!!」


大粒の涙をコンクリートに滴らせながら、裸体はビクビクと痙攣し、宇海は悲痛極まりない哀願を行う。


しかし、その哀願は背後の存在に届かない。宙吊りにされた宇海の背後に立った男は、惨めな哀願を聞き、バイブに掻き回される尻穴から泡だった腸液が掻き出される光景と何も吐き出せない男根が苦しげに脈打つ様子をたのしみながらにっこりと微笑むと、右手に握っていた物体を……先が平たい板になっている鞭を、何の躊躇も無く宇海の尻へと振り下ろしたのだ。



「いぎぁぁぁぁっ!?」



突然尻肉に訪れた衝撃と痛みに彼は絶叫する。鞭を振り下ろした男は耳に心地良い絶叫を聞かせる宇海を眺めて唇を残忍に舐め、また鞭を持ち上げると、何度も何度も振り下ろして宇海の尻肉を痛め付けていく。



「やぁ! やめでぇぇぇっ!! いだい! い、だい、のにぃぃっ!! おひり、きゅっへ、らめ、んぎぃぃ! バイブ、ごりごりっひぇ……ひぎぁぁぁぁーっ!!」



鞭に打たれる尻肉が、痛い。痛いのに、その痛みで強ばった腸壁はバイブを無意識に強く絞め付けてしまい、宇海はバイブの擦り上げを一層激しく感じて今まで以上の快楽を味わってしまう。


「いや! いやぁぁ! き、もひぃっ、イぐ、イぎゅぅぅっ! あぎっ、ひぎぃぃ! いだい、イぐぅぅ! もぉ、やめで! おがじぐなる! おがじぐなっちゃうぅぅぅぅぅっ!!」


気持ち良いのに、痛くて。痛いのに、気持ち良くて。真逆の感覚を同時に叩き込まれる宇海は、喉が破れんばかりに叫んで、責め苦の終わりを心から望んでいる。

一方、残酷な男は許しを与える心を欠片も抱かず、悶え苦しむ彼の様子に背筋をゾクゾクと震わせながら、宇海から更なる悲鳴と悶絶姿を引き出すために赤く腫れ上がり始めた尻肉に向かって鞭を振り下ろしていた。

闇組織モブ×宇海零

闇組織モブ×宇海零

モブは1人のみ

  • 小説
  • 掌編
  • 成人向け
更新日
登録日 2018-07-14

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work