*星空文庫

サン・ジェルマン伯爵物語

山岡 敦 作

  1. イチナナハチヨン…
  2. 常軌を逸し それ自体不幸
  3. Aに存在 ジェルマンには嘆き
  4. 圧敗

いきなり続編の反作用。なまじ頭がキレる奴の策か…?そうすれば普段とは(我々の生活するまたは生存する)なんだ?社是だけに文句言うもよし。尚も言う気になれんが、ところで、このサン・ジェルマンという男は3000歳(齢)まで生きたとか。考えられるか?嘘だろうと!前の段階で無論布石のように(私もそうなんだからあなたもそうでなければならないはず)物語を呈したが…それよりどうなることか?

イチナナハチヨン…

没の。名残惜しさか?否断じて。年相応になんの意味があるという。歳くってもそうありたいが。一過の隔離をも含むとまず言いたい。背反の為である。反面、安全を聞く。それは自分だけが安全と為る(人為なのか?)。

俗に貴重、神格化も有り得る。まずは没である。「私は特別な薬を飲んでいるから、何も食べなくても死ぬことはない」。抜粋は否めんが、当事者である伯が述べている。頑として、間違いであると。私は付け加える。

基本を度外のよう鵜呑みにしたとして、3000歳など夢だった。10か国語を話し、扮していたのかもしれない。人知の。だがしかし、それでは全然見識が。

そんな大尊師であるが、(一部割愛)「サン・ジェルマン伯爵というのは不思議な人物だ。50歳ぐらいに見えたが、あるいはもっと若いかも知れないし、逆にもっともっと年をとっているのかも知れない。恐ろしく話題が豊富で、ついつい話にひきこまれていく。彼と話しているとなんだか時間を超越した世界に生きているような気がしてくる……」、ラモーである。あるが、ここでまた理知。

そもそも主観からいっても二つとない。弱者としてないというべきか…?回想であれば、回想を省く。ならば書く上で私は難しさを知ったと。それはない。

他に「昼食会にジェルジ伯爵夫人が、有名なサン・ジェルマン伯爵を連れてきた。この男は、せっかくのご馳走に見向きもせず、のべつまくなしにしゃべっていた。でも少しもわずらわしいとは思わず、私たちはその話にひきこまれてしまった。彼は非常に物知りで、どの国の言葉も知っていた。そして大音楽家であると同時に、大化学者でもあると思えた。

彼は女たちに好かれた。というのも洗練された物腰で、なかなかの美男子でもあり、しかも女たちの肌を美しくするおしろいとかオーデコロンを与えたからである。それらの高価な織り物は、女たちをこの上なく喜ばせた。彼は、私の度肝を抜くようなことを口にした。例えばダイヤを溶かして、それから最も美しい透明度をもつダイヤを1ダースくらい作ってみせる、などと言うのだ。

あるいはまた、自分はやりたいことは何でもできる、とも言った。特殊な秘薬のおかげで、自分は何も食べる必要がないし、ほんとうは自分は300歳だと言うにいたっては、この男はなんという厚かましい山師だろうと私は思ったものだ。それでいて少しも不愉快な気分にはさせられなかった。何ごとにも非凡な才能をもった不思議な驚くべき男だ。」ラモーと別。サドと?暗喩はすべてそうなんだと。失礼。(前者カサノバ)。拝借である。文面上楽なのだから。愉悦にも見たいが、研究を前提とすることに疑心がある。この場合、なんと答えるか?何時間でもと。

現世を語ることとしよう。現実から離れるということは日数を要しない。現実は現実なんだから。謙ると照合。多聞に興味本位である(こういった誤解がこれ以上派生しないことを願う)。砲架とす…課題である。

関して、研究が前提であれば、砲架にこそ確認が必要。正当なもので一発屋…如実なものが現実。架空と。で、あれば現世でそれは成功となるんではないか?保守にならないよう。また、180度別の話題からの起点ではないんだから既知である。

まずは社交界まで。少年期は茶畑とあったと仮定。後にそれがシュールレアリスムの傾向であったとしても。追記として、生前のキリストに遭っている。年上が…。

級友だろうか?見るなり分断した。これほどまで簡易に派に分かれるのはそうそう見ない。それもそのはずだ。ダリを見た方が早いというのは知見とか欲。行動が強烈だったのだ。なった実を採るなど。それの調理がイメージとして、付則する。級友の一人は、信じようとしないだけだと。語弊は認める。迷惑にならないか?と距離を取ったりもした。

単なる行動でさえ…。

出生を言えば、これでもかというほど賞賛を受け。一歩歩けば過度に質問(その時の様子を例え、まるで雷だと)、愛想良く応えた。出自は王宮貴族、初等科の時に後の従者になるイラク人と知り合った。その時の会話といえば、隔離されていて、なにかしらでいいから早く年を取りたいものだといった世帯じみたことから昆虫のメカニズムなどを語り合った。

半ば強引な会話も成立した。私生子(マリー=アンヌ・ド・ヌブールとメルガル伯爵のどちらかの血筋)なものの庶子なんだから、気をつかうな…と。ちなみに賢者の石のアイデアはこういった経歴から発案。歴史上は入手だったはずだが。

最低限度のいまでいう学級閉鎖が行われたのもこの頃である。校長直々に談合した。均等にせざるを得ないのが立場上礼儀であるからと。それが他の学校を掻い摘んで呈すところはっきり止まると。むしろ遺憾があるのは校長で。反省をこそ年甲斐から言えず。後に夕食に呼ばれ、イラク人との関係をしつこく聞かれた。

この時の様子をパラドックスから引責したものと。青年期に再認識。校区を制定すれば、意のままになる。しかし、校長は動かなかった。

少なくとも博識であろうと思ったのはいうまでもないが、冗長なあたり(平和)これ以上知り合いが増えることはないだろうと本能から分かった。恐らく美化なんであって、進学の妨げになると思ったんだろう。

入れ違いに暇がなかった。四季の夏。ある時川遊びで、貝を発見できはしないか?と(仮にA)散策したが、ない。石だけとすべきで、気質からして…その地位に甘んじようが、異論はなかったのである。当時の原価からいって高級品を二、三見たが、自分はあれは作らないと自負した。諸要素から引率なくと芽生えたのもこれが機。仮に急なインフレに関して、誰も付いていかないだろう。

美化を通り越して奇矯…隔世。(雷?)散財を見たかは控える。会うなりAは貯金をいうが。同等の金額と返した。なにも起こらない状態を維持しつつもそうやって月日は経った。校長でさえそうだった…。

割愛、激動になるだろうか?と半生が(今が)それでもいいなら文句はない。返答である。後に伝わる伝聞でなにが財を成す要因だったんだろうか?

苦難としての閉鎖である。財を成す側なり。肉の卸売りは閉鎖。当面に懸念。市場はそもそも出回らないことと。動機として不純なのだった。シェアにおいて、競争がある。競争の敗者かどうかだけ。先物買いを止めさえすればいい。卸売りに言うのは無意味。状態だけを述べるから。このあたり完全に人生設計。貯金を使うか?つまり同意で、その許諾を得るのは馬鹿馬鹿しいが(馬鹿にしてない)…のだが…。立地からいってとジェルマン。対し、理屈ではないですからねとA。

私有が難題である。簡潔であれば、この関係は破綻。

後に陳謝があった。…庶子か…?美しい。これに神頼みを見るからであって、なんとでもなるという。総額も二乗。より穿った意味で呈すが、木になるか?烏滸がましい。関係が破綻したのか?これは失礼。

賢者の石は…。二義は粗末だから、介さないか関連ある物を推挙しなければ。行動したら閉鎖、断罪の悪循環。なんである。

にしても目を疑った。並行品として、鳥肉もである。比較的安価だったから。精肉の隔離である。わかるだろう。(店の)。

驚くことに一軒断られたりしている。諍いだ。これに関してはジェルマンが馬鹿としなかったが…。土着なんですよと。慣例とした。これらがものすごい速度で繰り広げられていったから退屈も飽食も必要としなかった。

懸念が散り散りの宿志らは(前もって)自身を必要としてるんだろうか?など。いやはや。

現代のバイトをしようと思ったのも数ヶ月後だった!吉日などありはせんが。これもまた慣例。保留。この時点で余儀のないものだった。

初等教育中だぞ…許諾がでるのか?反面厳しいだけ。商店の店番(客に軍隊が多かった)を。

これにもやはり搾取が見られる。(立体といえば立体)大まかに近年は特例を除き、患者も単価のようだ。医師の成立が前提にあればいいが…店番が当事者であり責任も生じる。

反面の社会問題である生活保護…これが便宜の延長でしかないとしたら。そんなことである。レパートリーが多ければ多いほど飽きないが、それ以前に止まる者の多いこと多いこと。心配せずと誰も構ってくれない。これの水準が下回って、医者にしわ寄せが行く。困った話だ。なら、搾取される側は不謹慎でしかない。水準がある内をよしとして医学は功利である。

下回ることをも功利にすることが清透。そして、尚もいうが、職業訓練に感慨を見(同様であるが)、同一の資本だとか抜本的に違うが、安否において、呪物。

特記する次第…さて、二人三脚といかないので、外で待機。ひたすら暗記である。年ありきしょうがない。故にこれもまた、年相応。気に入られた。接客に対し、サポート。瞬時なものである。脱線を含まず。

これもまた、好印象。客が分け隔てない態度を確認した。隔離はされたが。ならば、物欲を考えうる範囲考えるべきだ。片方が欲しいとした物を処分するというのは如何なものか?つまりそれは欲しくないのであって…後述。

マルクスを聞かれ、親戚と。類と内心(A)。暗示した。社会主義に期待することのないよう。代わり、軍隊は最も難解であって。社会主義下においても搾取があるのは軍事くらいだろう。光景を見、握手を求められた。気概もある。これでどうしようもなかったらどうしようもない。ある日…。

見学の名目で、武器を何点か拝見。軍人もこれまた軍人!危険とされる武器を伏せ(上で)…呈した。本懐が分かるはずもない年齢で、承知。Aの姿が見られない。

こういう時習慣づけようとするのはやはり暗記なのだ…習慣づけてさえしまえばとも思うが(思われるが…最も適切であろう)これら300m圏内の出来事。

他には子供の目にも分かるかのよう(暗に経年に関しては省くが隠蔽は責任が生じる)街並みが一新。より注意深く観察すると会話からしてリズミカル…お解りか?ではなぜ?筆者がこれほどこれに引っ掛かる点があるかなんだが、少子化に対し、隔離、是正…とこれはまず是正しか見ない。最優先になるもの…これを択一として、労務に達成を覚える。是正はなく少子化だ。危険だから、閉鎖も可能性としてなくはない。ある種のナルシシズムとしたらそれはそれ。収入において、顕著。前者は、第一印象からほとんどの人がそうだと思ってる。

もう少しいうと当時の関税は…が、しかし憶測の域を出ないというのはそれ自体支障がないだろうか?暗黙の了解として伯爵に触発されてはいけないなどという事はないんだから。

凝視していた。(A)存在そのものをいう様に。なので、この場合、この凝視が頻発しないことをいうべき。伯爵の…キャラクターからいって(しかしキャラクターというのはそういった気概においてしかわからない)、ギスギスしなかったか?など。雰囲気であるが、問い給うことにあるんではないだろうか?必然としてディレンマはある。ディレンマが当事者達にあるか?は後にわかるだろう。

刷新されるほどの目新しさがあることはいうまでもないが、この時点ではコミュニケーションを示唆。こうである。

あー、馬鹿の一つ覚え(覚え書き)のように示唆。ほいとが…これをまじまじと軽んじることではなかった。それもまた対人であると内心。あるわけだ。

表現上の立体化は辻褄合わせではない。まぁ、それを一旦閉鎖がなければと自重を促し…いい加減にしなさいよ。切り口であれ、こうだ。自身の隔離優先の物以外の何物でもなく、古今そりゃない、ないが、夢ではないか?(立身による)そして、閉鎖は目的と。

接客中…掻い摘んで、なにかの生き写しだと。

常軌を逸し それ自体不幸

時間が迫りつつ会えない。小出しとは奇遇だ。所望が(見渡しても悠久)分別。しかし、青年に至るまで維持する。驚嘆。かくも採算を…財産に対し、積算、派生の脱税。こんな状況下から物を発見できるのか?

…再考に値するであろう脱着(現実をいう)。なぜなら、不幸ではないか?なにが?フレーズ省く。うーん…心神喪失は聞くのだが、ピンとこない。それ以前に立体的だから。後輩か…。

いつも引き立てがありますねぇなど。私有である。において、反論を。定過からして、逝去しか有り得ない…と。買い被っては困るが、実証において、専有だ。

筆談し難い。先述、コミュニケーション。どうだろうか?一方で、誰も介さず(第一人者)アフリカーンスを元ネタとできるのは、もう境地なんだ。至極当然。訝しい。端的な賞は人ではないということ。

わからない。すでに達観を持し、抑制を希求する。ラディゲをこそ!(駄菓子ついでに本は買わんか?)介すはずである?コクトーとつまりは少年期投げ売って…後にも…。

印刷技術を思い浮かぶが、試作段階である。通念上の印刷である。喜ばしい。私有が二つとして、日とか英。明らか。

納得の出来栄え…か?懸念が…檜舞台!どう見てもこうでしかなく。かしこ。

ジレンマ…と。まず理解できないだろう。当事者以外が思うんだから。偶然がまた偶然を。

初等教育である。あくまでも。運動会で一番をとはよくいったものだ。当日…。

Aが見られた。出番である。

オチみたいになるんだなって。夫婦仲はいいのですが…に関しては。これが人為ならいいですね。それもそのはず夫婦(父母)が揃う合間に合流。夫婦は気づいてない様だ。表情が固い…いつまで経っても…。Aが見当たらない。

ゴミか…?ボソッと。ジェルマンと目が合う。しかし、変わらない。目で追ったものの(競走中にこれら)視界から消えた。同じように順位が。二位であった。Aが笑う。

別の意味で腹立たしかった。いい結果でしたね。割って入り(家族に)。憤激半々の会釈半々…。

いままで平静を装っていた。(実子であることがわかるだろう)愚痴も。正に。平坦は事欠くものだが、人としては含蓄。及第点。

だから、負けて悔しいと思えなかった。真の意味で離れた場所にいても。事項。

隔離され良縁。睡眠。

寝起きもよく、雨模様であるが、不思議であるが、自己犠牲の凝滞も減少。彼らに違いない。傾向として、管制に帰結した。(多くはあるだろうが)二極。生か死。凝滞に限って。

さらに良縁であるが、従兄弟をも。退屈に止まらなかった。例えば…不眠不休のまま隣さらに近所の若年者と紛らわしく…つまりそれ自体退屈。反面、好機と見ていた。多く(失礼)不幸を呈すだろう。逆効果で…記帳をまでに顰めるほどに。

人々はそれほどの人望に驚くだろう。であろう。フランス革命しかり。一部であったのかもしれない。代わって、常套語に意義をいう。まして、二つところ、多くの疑問を残し。(絶対的に速力に惹かれるから故に)

舞踏と仮定。(これもまた二つところ)…整然さをこそ訊くが!そもそも年甲斐の(筆者が知りたいのはこれ)この時期に。愚問を(に)重きとはしないが、しないんだが。

さて、例によって、伯爵等の階級間の舞踏会だが、Aは現れない。(注釈を求めないで頂きたい)代わりに顔触れがいつものグループであった。それでいて、一定の動きをしている。踊りは?と女子。そして、マセた感じがなく。一通りを。いやこのような動きはできるんだな。私からしたら、割愛。

また、閉鎖。気迫によりけり手離しの喜びを覚えてしまう。『震えるという年齢はすでに通っていたが』などは顕著である。しばらくし、閉鎖したが、(隔離されたら確認を取れない)調理人も間に合っている。別段…同様に間に合っている。伝達の為仕方がなかった。

嫌な情勢だ。ジェルマンは至る所で年を聞かれる。これの恐ろしいのは憚らないことである。叙事としてあることを願う。(格別であり狂気を伴う?)ジェルマンは子供なんだと。敵愾における。なるほど。

噂では規律を重んじ前項の手離し。しかしながら、Aも居ればよかったのだ。所存ありけり隔離が確認できるんだから…進級をこそ常々。参ったものだ。

端々にそこに居なければ別の意味で伝わる。伝達を希求となればより。具体的に。わかるだろう。だがしかし、街で聞くようになり役職に勘付いてやっとそれをわかる。同義でなければ関係が成立しない。

ポージングにおけるものは(思考の産物ではない)少年期特有のそれであるが、髪をいじる。生意気にとられるのはもう少し年をとってから。視線に止まる。

年も年。画家に描いてもらうことに。ポーズの所作は規範であること。例えば、一人がそのポーズをとれば自然に他の者が同じポーズをとるといった。凡そ本能である。この画家は熟知をしてないが、目前になり理解した。脳裏には四肢…事もあろうか?(俗に)全身から関節の曲折に至るまでも。両親としては保存したい。

Aが帰宅(前者はジェルマン)。挨拶をしようと思うのが汚らわしかった。他の者と比べ、相応であるか?が気がかりだったから。危険あれどどう接しろというのか?親にしろ大多数の一人。言動は理解できないが。これにこそあろう。

自身の閉鎖に触れたい。チェーンロックに鍵までかける方なんだが、わかるだろうか?防犯につながればと思う。予備として、チェーンロックはあるのだと思う。半ば閉塞を辞さないが、そのまま安眠できるという利点もある。しかし!諸動作こそをいえば、なんというか特有でもなんでもなく。閉鎖の状態になっているだろうか?隔離なくして(これが)成り立たないほどに。憂いである。

戻ることにするが、ジェルマンは辿々しくなっていった。以前の閉鎖とか直近の閉鎖に対して。Aは懐疑をも認めたが…話し合いは若干減った。これ以上の関係は望めないというように。

厳戒になったのはしばらくしてである。搾取に対し、法(閉鎖における最重要事項)なのであるが、曖昧も曖昧。直にわかるが。

端を発す側に立つとわかるだろう。搾取も合法。それはいいとして、普通に。革命じみたことが…。ブルボン王朝であるが、1709年、アンリ4世による絶対王政…つまり絶対主義体制の閉鎖。

有産市民層の封鎖を願うが、奇遇である。車が通らない。なぜなら、アンリ4世も乗るであろうから。(現代)

確認まで。が、しかしなんのことはない。多く…続くが、ブルボン朝自体制定して新しく各地を閉鎖し、多くを労働者として招き入れた。確立していないのである。共通点は市営を閉鎖してない。ブルボン朝などは隔離されたが(意図的か不明)。卑下などを考えた。ちなみにジェルマンである。市営において閉鎖というのは間違いないが、出世だけに偏らんでも。しかし、金銭は大切だ。後に封鎖されるが、ところで、あわよくば専有などと。年故に。話題に尽きない。

親とA。首都に(とされる)引っ越し。魔境だろうに。至って平静なのだろうから。反面といって差し違えなければ警備は厳しい。

まずは所有物。資本もつながっていって…否銀行閉鎖。慣行である。

首都からであるが、珍事が。ものの。理解しがたい、ネッケルの親族アリ。注意深く見たいところ。銀行も銀行、余剰でモメ過ぎ。

A…振り返る。続き、柵外、欄外。個々が所有できない。馬鹿馬鹿しいが、時系列でも革命が近い。笑うA。

親馬鹿なジェルマン家だ。さて…有産市民層だが、実は反応しない。訝しい。談判が見られる。親元が援助して、成立するなど。功利として蓄えても実質がなどなど。閉鎖…。

中等科まで長引かせたくない。功罪ですよ。代わって、それに滞る。いわゆる立地が。範疇だから。個人叩きはない。

なぜ…?こういう時親は止めるのだろう。前出から制止も可。箇所なのか!

いや同じと思われる。都市制定の前であるし、なにより人知。閉鎖に対し、談合。これに親がでるという。初等科である前に普通送別だのなんだのとなんだのと。急進は希求するものの(自他おいて)普通は意志を汲む…はず。

ものすごく厳密には一度風呂ためて捨てるか?水を。ないわ。一向に。疑義の事柄は(これとか)そもそもが普通の事…なんだ。

なんだから、余地がない。行かんだろうね。

この間一ヶ月。

一ヶ月後。なにより先に時勢が。いわく(少年が)追いつくことができんと仮定。

その時埋葬されたのはルイの家柄の人物。有無をいえない状況だ。商品は叩き売り状態。

A…紙幣価値というより紙幣が少ない。封鎖しておかないと店舗が価値を付け始める。会話…アンリはなにをやってるんだ(父親)。どうしようもないよとA。悟性か?売り切ればいいんだ。どうだ?(父親)変わらないよ…きょう食うパンは?(A)ある分にはある。(父親)

思考が追いつくか?だが。暦上わかり得ないからたどたどしい振りをするが…安易なだけで、フローは簡単。

ざっくりと。Aの闘志に火がついたようだ。物は試し、しかし、拝見に止まり。街頭で話し合いが多い。少なくとも三軒はやっていた。お国柄はいわなかった。法律ばかりである。諦めも付こう。後は法にすがり自分たちをかばい合う。

なんともはや。遠隔に店舗…。商店には開かずの間。

卸し売り(安い)にはなってない。確認した上で、去る。ジェルマンは…。

教科書を開き、ついでに菓子を(当時の)。机に数分。それこそ教科書投げてやろうと思ったが、話題について行けないことになるし、やめた。

外では騒動。賭け事に興じる者も。すぐ外でトランプである。親の総取り…か?関わりたくないが、子供も。紳士も!

後ろ姿。負けたのが悔しそうだ。隔離するのは変わらない。

アンリ…。閉鎖は済んだか?(アンリ)なに…?烏合の衆だ。関係がない(アンリ)。君もそう思わんか?遅かれ早かれ。(アンリ)。さて、4世は聡明なことだ!ことであるが、Aは……。

準備運動をしている。遣いだ。ワインを購入しに。シルエットと急く姿。

こんな情勢である。

アンリ4世の近辺にしても閉鎖が及ぶ。権勢が疑わしい。身分を聞かれるのだ。大見栄で様々な事柄を…。

狂人もでてきた。同じように。割に希求。庶民によるところ毎日の食料を。前者に関しては教唆と思い込んでいる。

隔離がある。これもまた、反応が早く、個人によって(被害が)、つまり此奴は手紙を送る奴送らない奴を分けた。無害…である。

ここにきて、A。昼食った?(A)あぁ。(父)それにしてもそれ以前に隔離が伝播。来てよかった。(父)そういうものなの?(A )そうだよ。(父)。

アンリは。馬鹿馬鹿しい。(アンリ)人民が希求すれどなにになるというのか?俺は一国の王ぞ。違うのか?(アンリ)。はぁ。(後の廃兵)。懲罰は急げよ。(アンリ)。

自傷が二件。しかし、信心さえあればと。

ジェルマン…で、いて救貧。(当時からそうであり知っていた)大まかなものだね。(アンリ)。医者が。(父が部屋に)相手したら駄目、(アンリ)大逸れ。たしかに民兵の怪我を診て金貰うから。私であるが、そもそも廃兵。

いや仮に治外法権なら外交をいうし…難しい話である。日本としたら…偶然。というより与党が老婆心をだし、海外派遣のリスクをいう。ちょっと前だが、確実に圧政は確認。踏まえた上で隔離された。

A回想。親父ははっちゃけてるが。

世の常、私もそうしたかもしれない。現代でいう与党はないが、当然与党があろうとなかろうとここまでは理解できるだろう。そのくせやはり確認が取れない(失礼)。ダイヤモンド以前に…佐賀駅向かいが閉鎖されていた。時代を超えても顕著である。しかし、現場監督というのか?入門とでも思ってるんだろうか?誰しもできるというのは第一にくること。

さらに謙ると物資という点でスーパーと差異がある。チェーン展開か?隔離を確認。

さらに親父ははっちゃけた。A夕照の…責任を感じた。一日も終わり。なんともはや統治がだらしないんではなく、それでも個々をいう。だが、同じように第一にあればいい。単に統治のせいにせず。

賢い。貧しいと思うのなら、あり合わせを使えばいい。(ジェルマンが)統治以前のそれは一体なんなのか?と。自重に違いない。コミュニケーションもそうだ。片方が自重すれば円滑に行く。

Aに限らず。絶対に落ち目にならない点は過小なりと評価すべき。次点がアンリの場合近辺から閉鎖していったからAに及ぶ。こうである。いくら多勢がいようとも市民である。(アンリ)はい?(兵)構えをとけよ。(アンリ)。はっ、はっ。(兵敬具)よし…使い参れ。これを。(アンリ)。強兵である。だが、なまじ強くてもどうしようもない。

天井を一点見。(Aが)。頭に浮かぶ…いくらでも好きに生きたらいい。ジェルマン殿はなにをしている?気がかりだ。もしどうしようもなくなったら、私でなく、ジェルマン殿に聞いて貰うといい。若き志士よ。(父)。

閉鎖が酒店にも及ぶ。ジェルマン。学校では初等科の内にやっておきたいことなど恒例のイベント。校長が慣行。

いやこの時代に珍しい老害のスピーチ。自治か自給率か?半々。頑とした姿勢は崩さず。一人の落ちこぼれも出さないつもりなのだ。各教室では多様に活動。あえて親に手紙をだす者も。送迎を。(ジェルマン)。学校サイドが黙認。

翌日。馬車である。馬は事態に気づいてないようだが、別の方向に。地帯が変わり市街。人が見られない。功を奏した。

代わってA。なんとしても立ち聞きを活かしたい。同じように昨今以前にうるさい…出席日数だ。作文が攻撃的に言論は聞き入れられず…が一人。感涙。いわく私を介せば幾許楽だろうと。酒店の店長に似ていた。閉鎖の状態だ。

アンリ…。好ましくない。(アンリ)。一部は狂人、わかる。(アンリ)。なぜ?いまになって、先代を問う…?(アンリ)どうしようも(兵)。黙れ。(アンリ)。否認可を。(アンリ)。自身の意地を賭け。ちょうどよく半島なんてありませんからね。(兵)。そうだが。(アンリ)。

校長…初等教育にこそあって…奮起である。隔離であれ。(校長の親心)。だが、安心した。質問が減少。

一人の人間として、郷里を想い。で…ジェルマン。隔離された。反省をすら省いた。反面どうでもいい。大隊を見ないのだから。

得だ。二極し、校長とアンリ。まま放縦である。

Aに存在 ジェルマンには嘆き

頃合いを見計らって、首都へ。いかんとも…街ではもう見ないのだ。途方にくれた。(A)。一件…肥えたと美醜。

諦めである。自分がそうではなかったから。このように差異は生じるんだなと。少年は察し、なおも途方に。街角鉢合わせ…兵である。早く帰りなさい。(兵)。抵抗をせず…。

校長が到着。老害に触れておいて、良かった。確信に変わるが。

だが口を揃えてそれ以前に市民であったというのだ。別の動き。アンリ四世ここにありと誇張。数カ所の閉鎖を見ざるを得ない。

市民権は怖ろしい。断定しなくとも…具体的に状況を聞いた。(校長)。校長と認識。賑わい半ば馬車…あの方向からいって。将校連中か?

いやある種真理である。アンリに四世と問い、模索の後にこうである。到着したのか?至るのか?

着いた模様だ。躍起である。時事に勝るものがあるというのだから。将校、物資が行き届かない心配が。(兵)。改替しろ。済む。(将校らしき人物)。くそ…私だけでなく。(なんともいえない表情を将校)。愚生でも書かんのだ。(将校)、だ、そうだ。(兵)。

心配をよそにジェルマン。誰ですかー?あなた方。(ジェルマン)一存にな?(将校)迷子でしょうか?そちらこそ。(将校)。不思議だ。見たことがある。(ジェルマン)。私をご存知で?(将校)。いやお目が高いですな?坊ちゃん。一宿できるところはあるでしょうか?(将校)。ないともいえない。(ジェルマン)。当面でいいですから。(将校)。私たちだって…。(将校)。時間ありません…一旦引いて…それにジェルマン家に会い一筆とは私情もいいところではないですか?ジェルマンですが…。(ジェルマン)。あの…もう一度。(将校)。ジェルマンですが。(ジェルマン)。

そんなあなたがなぜ?このようなところに。(将校)。手前、私とわかるわけがないでしょう。(ジェルマン)。失礼致しました!(将校)。お前戻れ。(将校)。で、どう?(兵)。うーんと共々この地に隔離されたと。追伸は考えろ。(将校)。備考の?るせーな。(兵)。

いいのですか?(ジェルマン)。尚のこと。(将校)。私の方こそ年甲斐もなく怒鳴り…。(将校)。だから、よく見ると。(ジェルマン)。しかしながら、父上はおいでで?(将校)。多聞に。(ジェルマン)。

Aは…円滑であることには違いないが、嘘とわかるにもかかわらず…流行病だな。(後者父)。そんなこといったって。(A)。失敬…私にはわからんよ。(父)。

先発はどうした?なにをいうか?食事抜きに処すぞ。(アンリ)。到着しませんね。(兵)。もし、本当に余(つまり君主)で潰えたら。聞け。(アンリが一同に)。心配いりません。(兵)。経緯を。引いたか!(アンリ)。

隔離と閉鎖の合間。旨かったんだ。(A)。?…なんともはや我輩に課せり事の始終…安寧に欠きこれほど虚しい事時世(時勢にも)あろうか?(アンリ)。現品を。(A)。それは私たちには無理だよ。(父)。

こう行ったら本当に着くんですね。(将校)。えぇ。(ジェルマン)。私の格好はどうですか?(将校)。十分です。(ジェルマン)。唐突ですが、あっ…無視か?私ともあろう者がと内心。(将校)。着きましたよ。(ジェルマンが正確には数m先)。

待ちなさい。年端も行かんといわねばならんから。(父)。惡びれることなんかないんだ。(A)。あいたた…事業主とくるな。(父)そうだったの?(A)。そういうことに(父)。

馬鹿馬鹿しいや。(A)。

はい。意を汲んで。(兵)。封鎖である。次点。断行であった。安寧を!永遠を!(兵隊)。

これらが初等教育の内に起きるのだから、傷ましい。教室…。

包帯らしき物が…ジェルマンと数名。厳戒は伝わるんだな。これ見よがしに見せてくるが、気にならない。ガラッと雰囲気が変わったのはいうまでもないが。ちょうど前列を避け、見渡せる。いや行き届くものではないな。

個々に間隔はあるが、質問が多い。屠ってしまっては今後に懸念が生じるので、将校を。

封鎖を聞けない。箇所が自治のように見えてしょうがなかった。当分は、統治を模索しつつ発見次第帰郷と。(将校が兵隊に)。スパンを練る。その際に。どうなることか!

我関せずとはいかないだろう。後の強行も明らかになるというもの。語弊は自他共に見受けられる。

本来、菓子をつまむものではないが、分け与えるのだ。前者、時空間。それを。しかし、失敬は意を介さないのでないか?心情は計り知れない。

そういう子だと。動向…後ろがざわつく。子供じみた態度に供じつつ、間隔を空け…外へ。これに関しては制止を振り切って。

脳裏には遠退くことだけだった。

騎兵隊を導入。二等兵からを遮断し、一等兵から管轄を置いた。断絶である。なぁ?帰ってきてどうする?やめよう…好機となる。(兵隊)。祝福を。(アンリ)。

数日後。なに?あれ?(A)。なんてことだ。(父)。凱旋の門出。物言わぬ内にか?ちっとは利口な兵もいたが…。(父)誰?(A)向こうに行ってなさい。(父)。

年甲斐は見られない。それはそうとして、将校。常軌を逸した自分と会う必要のなさ。若い兵は…回想。前者、その父。

若い兵はケツを蹴られ、茶飯であった。凶器としての所持は許可が下りない。物品は…。痛めつけるほどに口を割らなかったのはいたが…当番制において、(食事)食中毒が発生し、一人が休んだ。経緯以前であるから、一人二人と案じ。唐突故悩むが、叱責。なんの見返りもなかったのだ。むしろ、自問自答した。傍。

そして、封鎖。順当に行くが、強兵を望まない。不得手である。(アンリ)。いますとも。(兵)。いかに?で、あれば余は安全なのだな?いっ、いえ…。(兵)。強兵は徴兵。威信はある。(アンリ)。惡うございましたっ。(兵)なんと折れるのが早いことか?もう少し申せよ。(アンリ)。

隔世…ジェルマンが森に。

少女が歩行。木々の間にこそなにかを発見したかったが…遠景。輪郭をこそ失わず視界に入ったが、なにか辿々しい。自重していたから。年甲斐とは自分にこそなのだな。そして、輪郭を失わないままに家族連れを。少女が一人でいたのが不思議だった。

ついに…か。(将校の内心)。市街。手前に帰れんぞ。(将校の内心)。内心どころか(アンリ)使いも費えた。置き去りにしたことに奮えたが、持ち金が気にかかる。が、しかし…。

再帰を一考し、気掛かりであったから。これら将校。

ナントいかに?特徴付けた。情報はでてきません。我々に余地があるとしたら、なにか起きるか叡知にあるか?なのです。貞淑にせよ。アンリ4世と兵が。なんにしろ、愚問である。まだ、戻られません。別の兵とアンリ4世。そうか?

…痛切。この間にも発見がなかった。履歴だけではないか?ジェルマンの胸中。頭に浮かぶのはAだが、このまま名簿やらに意志と関係なく書き続けるのは。代わって、雑感。いまだ初等科。

命題の重きは…誤解は解きたい。隔離されるわけで。このジェルマンは視界においての輪郭を失わなかった。で、あれば!政治的関心をいわねばならず。断行は当たり前であって…あって…。

全然わからなかった。知名度は現にあり。

主文にあって、国家にない。形成以前だったのだ。他に文体自体を優先することもままある。結局は理解できんが。個別の。

将校である。いやだったらと内心。

馬を走らせるわけにもいかないので、まずは落ち着くことに。いやこれに理知を見たところで文体、所作を半々。鍛錬せよということ。が、根拠が必要だから、範疇においては理解しなければ。

アンリ4世…使いは?やはり?なのだが、前者の言い回しは妥当か?をいいたいのであって、いくら識別しようと無意味なものは無意味。早くな。手筈通り。アンリ4世と兵。汝行かれよ。はっ…はぁ。再度。

誰が行くのか!

愚将だったよ…アンリ四世。わかるのですが…気違い以前だ。アンリ四世、兵。察すると…申せ。なんぞ?その沈黙。はい!慣行において常套であります。納まる。

得てして…。真意は?わからん。兵隊だ。内密にな。頼むよ。

行けど行けど一宿にあり付けず。いまのように地方選などないのだ。あわよくば知り合いがいてなんとかなるが。この日も保守にへきへきしていた。将校だが。

これまで自重しろというのか?内心。実はすれ違いで使いが来ていた。で、あって。一刻も早く。

とこういったことが起きたが、極秘になり、時間が経過。

圧敗

月日は流れ、ジェルマン11才折。

進展があったようだ。

まず一時的に質素を極め。当時からして、再興を考えてなかった。肉体的な隔離…つまり強制はあったが。

直ちに黙考に移るのは世の常であろうが、それもまた強制。反抗は及第をいうのであって、同じように。

ジェルマンである。この間装飾品が廃れ、強制を課すアンリ4世も例に漏れず。将校が帰り際に今でいうところ敬礼をし、帰還…。矛盾はジェルマンに搾取を見た点。

しかし、アペリティフ半々なのだ。然るのち常軌を逸すまで流行った。

振り返り。Aと将校。そんなところでなにを伺ってるのだ。はい?僕はただ。君かね、ストの要因を探ってたのは。なんですか?ソレ。ったく…どう考えても年並出歩かんだろう。すっ、すいません。

アンリ4世…建国の手前、手筈通りに。しっかし、存外である。将校めが一皮剥けたかのよう帰って来。はぁ…ため息まじりに余はなんなのだろうな。

続けて、日報を持って参れ。馬鹿がでました。アンリ4世と兵。なんの余地もない。懇談は?予定はしておりますが、希望者はゼロと。で、あろう。たかが知れる。忌々しいのは将校よ。管制におき…自警ですか?…そうだ!一体、誰が日報を取る。及ばずながら、アンリ4世様です。うむ。

同刻系ストライキも起きた。奴である。兵隊が別働として、来客。わかるはずがないだろう。に対し、自警と化した兵ら。口論がオンパレード。物価は高騰。貴族は堕落し、能動的に集合地点は閉鎖。

功利である。

普遍は隆盛を極め、次点にきた。

将校。戻られましたか?。?となぜ?歓迎した。兵と将校。煩わしいと思わんか!滅相もありません。本当は捨て置いてもいいのだぞ。…。異常なかったか?はい!

A…授業…。

さて、ジェルマンだが。11才である。この時期にあっては鉛筆がすり減るほどに勉強した。教師も真っ青である。

いわばAのみが知ることだ。のんびりと過ごすのも良かったが…例の解任と。

次いで、全校集会。ウケを狙い、ウケを取った。節がよくいったものだ…と。

付記としてまだいう。時世、一貫しないだろう。

アンリ4世は…それでもまだ余は核心がわからん。わかりませんね。アンリ4世と兵。市税の分です。と、このようにでている!貴族連か?わかりません。

うーん…しかし、筆者このジェルマンに対し、重きを置き、素性を知りたいのか?本心であるが…。

あの件で?止せ。将校と兵。遮二無二お前はと他の兵を見ながら。陛下が無事であれば良かったのだ。検討し、あのような挑発に乗るなよ…今後。第一義の解任は省きたい。

閉鎖からの市政。多聞は促すことによって…後には物価が高騰するのだが、日本にもいえよう。察す。

帝政は市民を守れない。それをアンリ4世に希求した。

参れ。アンリ4世。市政に。自重しなさい。ただでさえ。黙れ。アンリ4世と客…来客として、合間兵。お体の方も。しかし、君は何度目だ。どんな痴呆でもわかろう。今度な。将校をここに。

地位は変わってない。陛下!久しく。…申してみよ。ぬぬぬっ。内心である。若者は汗水垂らして働いております。ヴォルテールにしろ。それ以上いうな。わかっている。こういうことだろう。市を圧迫するなと…はっ、抗戦も。驚きだ。

?とまぁ、最近懲罰房が騒がしいぞ。君か?ですから。下がれ。問いに対し。

兵と将校。簡易であるが、先程気づいた。少年は合ってたよ。なにか誰か心を動かすものが。はぁ…。予測不可能だな。

ジェルマン…目測。この瓶に貯めればいいと自負。コルクを強めに締めた。私は端緒ではない。現代に生きてるから。

そろそろ中等科も考えなければならない。市はやたら厳しいが、とくに課税対象だとか。非課税は異常であって、数%しかいない。甘受できない。関連があればこれにしみったれたとしなければならないがそれも鬱憤の素となる。避けたい。

もう一度会うか?将校内心。

伝聞が一介の市民であると。親はいつまでも親なのだが税金を多く取られた感は否めない。では、一体なにがジェルマンを衝き動かすのだろうか?一家を。対象という対象のないこの地で。これにこそあるし、そうでなければ。

記者が一役買った。そうであれば、誹謗中傷の後のものだと。

帰省する…か?いいや岐路のようなものだよ。父に対し、A。この状況で懐柔を図れるはずもなく。

聞きつけた将校が。わかるものだな。近辺にだけ告げ、ほぼ乱心のまま。というのも自治以外で、隔離を断行できないのである。反面、なにかが隔離されなければ収拾がつかない。一旦、近辺として、再度出向く。

辿々しいのも世の常。家庭では。

特徴として主税。お前もそろそろと親心をだす。ジェルマンに対して父。あの珍しい将校は?と軽く世間話をしたのだが、11才にして無視を決め込む。

ところでアンリ4世は。とばっちりを理解。兵に二分をいう。喜ばしいことであるが、アンリ4世はまじまじと邂逅してしまう。具象といえずあれはとかこれはとか。終いに授章も。抜け目がない。

一丸となったところで…ここにきてA。それは正しくないよ。親に一端である。図らずとそうなる。この場合、仲良くするか期待するか?のどちらか。時分も時分。売り込むというわけにもいかず。正に10代である。

先行に彼に質問する者がいただろうか?確認できない。

代わって将校。道を尋ねている。サンバイザーのように髪を弄ったがなかなか。流行にすら当時はない。

ないが、もう一回弄る。以下内情。もしかして、途方に暮れているのは自身でそれほどまで…これに関しては半々。通念上アンリ4世とジェルマンが。要しているか?などを分泌のように。片割れの惡と抜本の正義。なにかあるんだろう。

そして、無言である自身にもそれは及ぶ。陳謝したい気持ちにも似た…おかしく同じ境遇の少年が…立っていた。

兵…馬鹿なのか?食事をとりながら。憂さ晴らしですかね。だろう。兵達。俺も…止めませんよ!すまん。記述。

不変の心理なのであって、同じように。しかし、世情に関してはそのままでよく、止まるべき。いわばそのものを。

上記が後述。であれば、知らず知らずの内に圧政になるだろう。止まった上で情勢を知る。そんなとこ。

アンリ4世…である。また愚かなことを。はっ!余はなんだ?4世ですとも。下がってよし。当時は権威自体を疑ったが。

知る由もない。兵らを再度。ここにきて、二分だろう。親父さんですよ。なるほどな。で、俺も武勲挙げたいよ。

お前付いてくか?世話なってますからね。じゃ…。馬鹿な。それはそうだよな。

重い口をジェルマン…父である。中等は済んだか、予習…。踏み止まったようだ。

認識自体簡易になるであろう。序章。父さん、受かるかな?なにを?一貫だよ。…そんなことをいいますか?ハッハッハ。なにをいうかと思えば、もうデータはでている。一貫校以外どこに行くというんだ。…ないよね。

続けて、静かだね。あーどうなったとしても静か。

気怠そうに登校。不思議であるが、静か。目が合うが、ああいう人なんだと思うことにして。

到着。何人か演劇のように立たされ、グーパンをくらわすなど端緒だ。いまの学校でもいえるんではないか?先程は無視ではない。立たされた奴がこっちを見てたが、義理もないし…慣例だな。なぜだろうか?と思う。帰宅に目を付けるんだろう。これ自体錯誤ではない。風潮か?

いらんし解せん。アンリ4世。菓子でも。兵とアンリ4世。

代わってジェルマン。漁師が魚を持ってきたようだ。キリシタンであり、まず働かねばと。父は感心。すまし顔であるが、その味たるや。困窮にあるあたり一致。首都圏では食べるんだろうか?

ちょっと前に港近郊を封鎖したが、人口に対し、足りない。ジェルマン家はこれに気付き、書簡をだした。恐らくは町興しの一環において、漁師連中が気狂いに見えたんだろう。簡単なこと。なぜ?他人の為にそこまでするのか?と。

なおも食料をとしての魚を持ってくるが、まず個人がそれを食し、よしとし、拡大して普及に至る。

うるさい奴だ。アンリ4世。魚食べてますよね?うむ…美味だからな。アンリ4世と兵。こっ…これを!兵が急ぎ。精肉はたじろいでおります。

『サン・ジェルマン伯爵物語』

『サン・ジェルマン伯爵物語』 山岡 敦 作

物語

  • 小説
  • 短編
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-07-11
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。