とても近く、とても揺れて とても震えて、とてもぼくのもので、いつか、もう一度、隣に降り立つところ

西園寺リルケゴール 作

とても近く、とても揺れて とても震えて、とてもぼくのもので、いつか、もう一度、隣に降り立つところ

   


   


   


   


   


   


   


  
声は

鼓動でした

彼女の鼓動であるだけでなく

ぼくの鼓動でした。
   


   


   


   


   


   


   


  

とても近く、とても揺れて とても震えて、とてもぼくのもので、いつか、もう一度、隣に降り立つところ

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

とても近く、とても揺れて とても震えて、とてもぼくのもので、いつか、もう一度、隣に降り立つところ

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-07-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted