*星空文庫

降りていく、リズム

西園寺リルケゴール 作

降りていく、リズム



   







   





死が

隣で

おまえが

おまえだけが

近い

苦悩ではなく

空っぽのような

お腹いっぱいのような


それでも

夕刻は哀しい


傾斜していく陽の中で

詩は

燃えていたかもしれない

きっとそれは

いまだおまえの生の

残り火


決してまだ

失くしてないおまえの

おれのなかの生死が反復している


おまえに出遭えた至福のなかに。




   







   

『降りていく、リズム』

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

『降りていく、リズム』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-06-07
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。