*星空文庫

花火

SIN 作

真夜中に僕ら二人 帰路を歩く
煙を宙へと吐き出す
いつだって誤魔化している
タバコの煙を肺に満たして
カーテンから溢れる朝日の眩しさから
朝にこびりつくような夜の匂いから
逃げて 逃げて 逃げて

「ねえ、光ってない?」
「花火じゃん」
吐息のような風の中で
僕らは黙ったまま空を見上げた

「私たちは夏のトンネルの入り口におるんよ」
「へーへー」
僕は気の抜けた返事をしながら小石を蹴っ飛ばした
カランと音が響く。
僕らは夏のトンネルの入り口にいて
夏の終わりへと歩いているのかもしれない

『花火』

『花火』 SIN 作

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-05-28
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。