ハトの群れ

ミスカ 作


公園に行ったらハトに餌やってる爺さんがいてマジ癒されたよ

てかたかがパンのカスみてぇのをぶん投げてるだけだってのに ハトからの人気が凄すぎて爺さんビックリしながらも大笑いしてたwww

腕とか頭とか肩にまで群がってたからね

パンのカスであんだけ集まるんじゃ 高級ステーキなんてあげたらマジどうなんのか想像しただけでも怖いよねwww

今日のアタイは予定もねぇし暇だから ハトがどんだけいんのか何度も数えてたんだけど 地面にいるハトよりか爺さんに乗っかってるハトの方が圧倒的に多くてウケたwww

迫力のある騎馬戦みたいになってたからねwww

てか最初ハトが3羽くらいしかいなかった時は 爺さん丁寧に餌やりながら可愛らしい声で『ぽっぽっぽっぽ』何度も言って必死にハトを呼び寄せてたのに

ハトがいっぱい集まりだしてきたら急に偉そうな態度になりやがって 餌なんてわざと遠くに投げたり真後ろに投げたりしてハトを見下すようになってきやがったんだよ

そんでしばらくしたら近くのベンチに座っちゃってさ とりあえず餌はやってんだけど明らかに面倒くさそうに投げてるし 猫が近寄って来たときなんて地面に足をドンッってやって威嚇までしてたからね

その後なんて肘で頭ささえながらベンチに寝っころがって餌やってるし しまいには仰向けになって片足を枝の上に引っかけながら寝てたwww

ここへ来た時はマジ癒されてたってのに こんな光景を目の当たりにしたらイラっとしちまったから 急いでコンビニでパンを買ってきてわざと爺さんの近くにバラまいてやったんだよ

そしたらハトの群れが勢いよく爺さんめがけて吹っ飛んできて 体なんて踏み放題だったし顔面も羽でバサバサ引っぱたかれてたwww

すぐに爺さん『うわぁっ!』ってビックリして起き上がって さすがにビビっちまったのか 慌てながらすげぇ早口で『ぽっぽっぽっぽ~~~!』って鳴いて仲間アピールしてたwww

それでもハトが群がってくっから その後は『テメエ! こら!』って怒りながら必死に追い払ってたよwww

ようやくハトは遠くへ逃げてったんだけど 爺さんがベンチから『チッ バカめ』とかブツブツ言いながら立ち上がりだしてさ そん時にポケットに入ってた小銭バラ撒いちゃったんだよね

そしたら餌かと思ったたくさんのハトが思いっきし吹っ飛んできて 爺さんなんて小銭とられると思って必死にかき集めて早歩きで逃げてったwww

どこまで逃げてくのか目で追ってたら さっきの猫んとこまで行って助けを求めてたんだけど 交渉に失敗したのか猫パンチで思いっきし顔面をぶん殴られてたwww

ハトの群れ

ハトの群れ

  • 小説
  • 掌編
  • アクション
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-05-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted