*星空文庫

甘い劇薬

或下 麦 作

 匣は凡そ金属製であり、其れを左ポケットに携帯するのが男の常だった。中からは甘さが馥郁し、些かの幽棲を赦す。煩瑣な俗世からの離脱は、言い知れぬ快楽を齎すのだ。男は度々此の匣を開いては、匂いを楽しんでいた。況や肉荳蒄(なつめぐ)である。男が此れに執着する所以は、芳香だけではない。死への接近でもあるのだ。甘い抱擁の中、気を抜くと晦冥の底へ引き摺り込まれてしまう。其んな綱渡りを愉しんでいた。
 幾許の年を過ごしたであろうか。厭世的思考に苛まれ、此の世を去ろうとした其の時、男は或る一点について疑念を抱いた。其れ迄幾度となく死への接触を実行してきた男は、依然として俗世でのうのうと暮らしている。男は悟った。此の抵触は、肉荳蒄の無毒性を示している。総て己の勘違い、根も葉もない噂を盲信したに過ぎなかったのである。
 男は匣を開けた。最期は、無味乾燥な種子の馨だったという。

『甘い劇薬』

『甘い劇薬』 或下 麦 作

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-05-17
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。