*星空文庫

夏の喪失が齎すものは。

繰る井莎鬼 作

安らかな夢を。
哀れみに別れを。
夏の想い出に煌めきを。
喪失には抱え切れないほどの花束を。

鬱くしいものに包まれて。
美しいものになれるよう。
例え泥に塗れても。
いつも上を向いていよう。

君に。愛に。さよならを。

甘く仄暗い泡沫は
わたしと一緒に消えてった。

『夏の喪失が齎すものは。』

『夏の喪失が齎すものは。』 繰る井莎鬼 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-04-17
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。