*星空文庫

苦渋辛酸労苦懊悩

西園寺リルケゴール 作

苦渋辛酸労苦懊悩

   







   








 、




 、




























 、















 、



























苦渋辛酸労苦懊悩。








愛情は審査されるものではない。気持ちは人質に取られるものではない。不条理を生き抜く。ぼろぼろになっても。彼女が望んだのだから。すべての辛苦を受けとめて理解してくれるだろう。誰よりもきっと。いつまでも味方でいてくれるのだから。他者の愛情の気持ちをたやすく疑う人間こそが、愛情や思いやり、優しさや寛容さから、程遠いところにいるのではないか。愛情を疑う裁きとは、誰に権限があるのか。








僕は

ただ

愛情だけでいい

人を

睨むような

裁きの側に

立ちたくない

彼女がいるのだから








ただ好きで、本当に本当にすきで、それだけで、それだけ以外だけが、「好き」だけ以外の人たちがだけが、怖かった。


   







   

『苦渋辛酸労苦懊悩』

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

『苦渋辛酸労苦懊悩』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-04-10
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。