【掌編小説】エッグ

六井 象

 明け方頃、壁に張り付いていた繭の内の一つが割れた。
 中から現れた湿った小指は、ぽとりと小さな音を立てて床に落ちた。
 右手の小指だ。
 慎重に拾い上げてケースに納める。
 これでやっと両方の掌が揃った。
 しかしまだまだ先は長い。
 分娩室いっぱいに張り付いた大量の繭を前に、僕は「妻」の細い腰をぎゅっと抱き寄せた。

【掌編小説】エッグ

【掌編小説】エッグ

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted