【掌編小説】最後の

六井 象

 菜箸がフライパンの上でくるくる回っている。
 バターを溶かしているのだ。
 昨日まで、窓の外の最後の一葉が落ちたら私も死ぬんだと思い込んでいたけど、全然関係なかった。
 参ったな。

【掌編小説】最後の

【掌編小説】最後の

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted