【掌編小説】星と蛇口

六井 象

 宇宙服を着たツアーガイドの女が、目の前を漂うビーチボールくらいの惑星を掴み、蛇口を取り付ける。
 宇宙服を着た私たちが、コップをあてがい、栓をひねると、綺麗な青の液体が注がれる。
 星の生き物たちが干からびて死んでいくのを眺めながら、ちびちびとそれを飲む。
 星の味がする。
 ガイドの女が傍らに寄ってきて、星の味がしますでしょうと言う。
 笑顔で頷きそれを飲み干し、宇宙船に戻って次の星の水を飲みに行く。

 星の水を飲んでいる時にたまに、干からびて死んでいく生き物と目が合うことがある。
 そういう時は宇宙船に戻ってから、なぜかしばらくしゃっくりが止まらなくなる。

【掌編小説】星と蛇口

【掌編小説】星と蛇口

  • 小説
  • 掌編
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted