【掌編小説】舟とスプーン

六井 象

 椅子に座る私の目の前に、氷水の入ったコップがあり、水面にひしめく氷の隙間には、小さな舟が浮かんでいる。
 小さな舟には人がいて、寝転んで空を眺めている。
 その人は誰でもいい。
 じゃあ私でいい。

 椅子に座る私はストローを取り出す。先っぽがスプーンになっているやつだ。
 椅子に座る私はコップにストローを挿し、氷水をゆっくりとかき混ぜる。
 舟に寝転ぶ私は驚いて、必死に舟にしがみつく。
 椅子に座る私はそれがかわいそうで仕方がない。
 だから椅子に座る私は氷水をかき混ぜる手を止める。
 水面にゆっくりと平穏が戻る。
 舟に寝転ぶ私はおそるおそる舟から身を乗り出し、ゆっくり水底を覗き込む。

 舟に寝転ぶ私は体を震わせて怯え出す。
 椅子に座る私はそれがかわいそうで仕方がない。舟に寝転ぶ私が怯えている理由が痛いほどわかるからだ。
 ストローの先っぽがスプーンになっていることが、なぜだかわからないがむしょうに恐ろしいのだ。

【掌編小説】舟とスプーン

【掌編小説】舟とスプーン

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted