くちなし

灯子 作

あなたが赦せなかったものを
わたしは瞬きのあいだに見落とした

わたしが捕らわれているものを
あなたはかろやかに踏みつけてゆく

わすれないで
肩よせあってふたり
違う景色をみているの

ごうごうと胸の奥底で
渦巻く想いをなだめながら
言葉にならないほどの
言葉にできないほどの

だからかわりに
あなたにはくちづけを

くちなし

くちなし

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-03-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted