*星空文庫

忘れ形見

西園寺リルケゴール 作

忘れ形見

  



   






   






わたしが壊れていくように、

冬。



たくさん たくさん

たくさん眠って

ふっと

遠い日が

くっついてくる



帰ってきてくる人生に 雪の葉を添える

帰ってきてくれる遠い日へ 透明で灯す




苦しいなあ

苦しいなあ



苦しいときほど

日々が

帰ってきてくれる



この苛む鬱ですらも

忘れ形見かもしれなかった。

  



   






   

『忘れ形見』

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

『忘れ形見』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-02-14
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。