*星空文庫

【掌編小説】雨と野良猫

トモコとマリコ 作

 とつぜん降り出した激しい雨の中、真っ白な野良猫たちが画材屋の前でニャアニャアやかましく鳴いていた。
 その日の夜、部活から帰ってきた息子がぶつぶつ文句を言いながら、三毛猫色に染まったスニーカーを洗っていた。

『【掌編小説】雨と野良猫』

『【掌編小説】雨と野良猫』 トモコとマリコ 作

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-02-13
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。