そら 作



お互い傷つけあった日のこと
くだらないことで笑って、抱き合った日のこと
初めてひとつになれた日のこと。



今、あなたの隣にいる人は私ではなくて
でも、私の隣にいる人も、違う人で。



ずっと一緒にいようねなんて誓った永遠は安かった。




「久しぶり。」


偶然、
思い出されるあの日のこと。
忘れるには足りなかった時間、思い出。



「元気そう、だね。」



今更、なにを。


見せつけるように、彼の腕にぎゅっとしがみついた。




私は今、幸せで。
あなたも、同じで。
あの頃の君との幸せな思い出は
幸せな思い出でしかなくて。
それこそ、スティックシュガーのようなもので。



幸せな私を、
あなたの隣じゃなくても
幸せになれてしまう私を見て
傷ついて欲しかった。
傷つけたいと思ってしまった。



「またね。」


手を振る、くることのない「また」を投げて。



あなたに対する、
何年たっても変わらない
この感情の終着点は、いつも。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-02-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted