*星空文庫

蘭鋳と神様のお話

枯らす衝撃 作

〜らんちゅう〜

緑色の硬く四角い世界に。

私は、蘭鋳(らんちゅう)として産まれました。

青い半透明な(ひも)に産み付けられ、ゆらりる、ゆらりと揺られながら、私は生命の(たまご)の中から、くるりる、くるりと外を眺めていた。

くるりる、くるり…ゆらりる、ゆらり…

私が生命の膜から、ずっと見つめていた、あれは何なのでしょうか…。

透明な楕円形の美しい丸が、止めどなく空に光り消え逝くのです。

ぶくぶくぼこく、ぼこぶくぼこぼと…。

誰か…教えてくれませんか?あれは…なんなのですか?

ある日、私は生命の膜を破り外に出てみたのです。私は驚きました。

辺りを見わたすと青い紐に、私がいっぱいです。何だか、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

誰か…教えてくれませんか?何で、私がいっぱいいるのですか?

ある日、四角い世界は私でいっぱいになりました。

でも…何でかな…私は、その他の私と少し形が違うのです…。

誰か…教えてくれませんか?何で…私の…尾っぽは曲がっているのですか?

私は、この個性的な尾っぽが大好きです。

だってね、沢山の私の中でも、私しか持ってない綺麗な尾っぽだもの。

私は自慢の尾っぽを、ひらりる、ひらりと揺らしながら私達に自慢して泳ぎました。

私達は、とても楽しそうに喜んでくれました。

ある日、空に大きな大きな神様が現れました。

私は、少し怖くて透明な楕円形の丸に隠れたのです。

神様は、怯える私達の中から一匹、一匹と、じょぼんしゅ、じょぼん、しゅっと連れて行ってしまいました。

誰か…教えてくれませんか?連れて行かれた私達は…いつ帰ってくるのでしょうか…。

私は、その日から神様がとても怖くなりました。だって…私は、私達と一緒にいたいのだから…。

ある日、神様が空からご飯を下さいました。

空から舞い落ちる、不思議な秋色のご飯…とても、美味しかったです。

私は、神様に心で謝りました。

神様、ごめんなさい。神様は怖くないんですね。

神様、ごめんなさい。神様は優しいのですね。

神様、ごめんなさい。怖がってしまって。

私は、神様に謝りたくて秋色の雨の中、神様に自慢の尾っぽを強くなびかせて近づきました…。

神様は、私の気持ちを知ってか、私を神の手で持ち上げました。

神様の手は、とても熱くて、とても苦しいのだと知りました。

私は、神様の御顔近くに連れて行かれました。

神様は、私を見つめて言いました。

…失格…って…。

神様は、私を空高く投げました。

私は、ぐるぐるん、ぐるぐるん、と空を泳ぎ…ばちんと音を立てて地獄に落ちました。

私は、息の吸えない地獄で考えますが分かりませんでした…。

すみません…誰か…教えてくれませんか?すみません誰か…教えてくれませんか!!

お願いします。私…苦しくて…。…。

どうしたら…神様は…許して下さいますか…私を見つめる…貴方…。

貴方も…神様…ですか…。

あの…お願いします…私、苦しくて…とても困っています…教えてくれませんか?

『蘭鋳と神様のお話』

『蘭鋳と神様のお話』 枯らす衝撃 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-01-12
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。