*星空文庫

いつもの日常と変わらない生活

猫 (笑) 作


未來の彼氏が日々を書いた物語
ホントに本当に好きで良かった
まだ話は続くけど。このあとも色々あって今思えば懐かしいいい思い出であり
最高の彼氏です(笑)


枕の横にいつも置いてる携帯が鳴った・・・・・着信は私が好きな音楽
自分が起きる音くらいに設定してあるから
少しうるさい(笑)
片目を開くながら携帯見ると
いつもの起こしてくれる人からの電話
緑色のボタン押すと
「おはよう・・・・・さくら」
私は沈黙してる
この声ずっと聴いていたから少しだけ意地悪なことした
「おーーーい起きてる?まだ寝てる?起きてさくら」

「ん~おはよう」小さい声で答えた
男の子
「やっと起きたね」

「うん」
男の子
「俺と学校行く?いつものところでどうする??」
返事しなくても決まってる絶対行く

「うんいつもで」
男の子
「わかった」
電話切れた・・・・
今の子がもうすぐ告白して彼氏になる予定の人(笑)
ずっと前から片思い中でまだ勇気ないから出来ないけど
今日こそ誰も居ないところで絶対言う!!!
もし駄目ならどうしょうと考えるけど


あれから朝ご飯食べないで待ち合わせの場所に向かった
んー少し早かったかな
スマホ見ると少し早かった
あーいつもなら男の子早いのにーーーーーー!!
いつもと違って私が早くついた
横見ると椅子があるから
そこに座って
来るまで待った・・・・
それからどのくらい経過したのか
分からないけど。
気づいたら見たことある影が私の目に入った
上を向くと電話相手の彼だった
男の子
「あれ??待った?今日いつもより早いじゃん」
突然声のトーンが変わったこと一瞬で感じた
「なぁー俺の側にずっといてくれない?」
え!?
まさかの逆告白???
私はどう反応していいのか分からず
つい

「ごめん少し考えさせて」言ってしまった
もう自分の心の中は決まっているのに
突然過ぎてびっくりした
キョロキョロして隠し切れない
動揺で黙ってしまった。

「先に行くね」言って彼を置いて
1人で学校向かった・・・・
あぁー本当はまじでうれしいのに
返事できないどうしょ
学校じゃ声掛けること出来ないじゃん
これ気に気まずいのは嫌だし
なんですぐ返事すれば良かったのに
なんで
少し考えるとか言ったのか
考えても分からない
本当に。あーーーーーーって感じ


それから1週間後・・・・・
普通に手を繋いで学校まで一緒に
歩いた
色々話してもっと彼氏こと好きになった
他の子と話してると少し嫉妬した
恨むことはないけどなんか嫌
隣のクラスでも嫌
あとでなに話したか聞きたいけど
嫉妬ことが恥ずかしいから言えない
普通の子なら言えるはずだけど
私の場合それが言えない
あっちも嫉妬してるのか・・・・・少しだけしてほしい
嬉しい
挨拶くらいいいけど深い話とか駄目かな
深い意味もまだ知らない私だけど(笑)
そんなこと考えてると

「どうした?」言ってまた手出してきた
流石に教室まで手を繋ぐのはちょっとキツイ凄く嬉しいけど
公開してないし
まだ秘密の関係で居たい
けど彼はそんな関係分かってくれる?
「Only you think all the time; because love it」
授業始まる時にLINEで送られてきた
最初は???だったけど意味分かって
好きになった。


あなただけは、常に考えますそれを愛してください
って意味だった

『いつもの日常と変わらない生活』

『いつもの日常と変わらない生活』 猫 (笑) 作

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-12-07
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。