*星空文庫

#1.0

西園寺リルケゴール 作

#1.0

  



 



   



   



   


  
  


朝。


詩の兆しを奪還する






私は私の感情に対して

私の感情を掃射することを捨てた

私の知性で感情を奪還する

感情の虜囚ではない詩を






詩は

私の世界に属する悲哀の肖像ではない

そんな苦痛の卑しみを

私が剥奪する


知性が延べる旋律は

詩を取り戻す


     私が描くひとまでをも






知性による合理化

最後の根拠地中枢だった

卑しまれた感情を

きっと解放する






内面

苦悩による隷属を

信じない

詩が私の剥き出しになる

むしろ救いを

その無骨にこそ創出する

私に描かれるひとこそを

私の負から奪還する






解放の詩を

ひとへの詩を

荒地にこそ名づける。

  



 



   



   



   


  
  

『#1.0』

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

『#1.0』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-12-07
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。