*星空文庫

play marbles

葉仁 作

  1. 1
  2. play marbles2
  3. play marbles3
  4. play marbles4
  5. play marbles5
  6. play marble6
  7. play marbles7
  8. play marbles8
  9. play marbles9
  10. play marbles10
  11. play marbles11
  12. play marble12
  13. play marble13
  14. play marbles14
  15. play marbles15
  16. play marbles16
  17. 17
  18. 18
  19. play marbles19
  20. play marbles20
  21. play marbles21
  22. play marble22
  23. play marbles23

君はラムネの中の
ビー玉みたいだ。

キラキラ輝く
手に入れたいけど
手に入らない。

どうしても手に入れたくて
ラムネの瓶を落としたんだ、
母にひどく怒られた。

どうしてそんなことするの?

どうしても
ビー玉が欲しかった。

だけど、ビー玉は
傷ついてしまって
綺麗なまん丸では
なくなってしまった。

play marbles2

美少年…

君への第一印象
サラサラキラキラ揺れる
金髪に
艶々の肌
すらっと長身で
だれもが振り向く美少年

独特のオーラと
声色がとても魅力的だった

play marbles3

田舎の隅のカフェで
働くわたし

コーヒー片手に
煙草を吸いながら
文庫本を読む君を
ひっそり眺めるのが
楽しみだった

君がカフェに
来るようになって
一年ほど経った
柔らかい日差しの差す
春の日

「今度ドライブに行きませんか?」

コーヒーを君の前に置くわたしに
話しかけてきた君

突然でよく理解できなかった

「はい」

と、答えたあとに
心臓が飛び跳ねた

play marbles4

それから君と
何度かドライブへ

夜景を見ながら
いろんな話をした

君といると心地良くて
安心する
活発で社交的な君
わたしとは正反対の性格
だけど
波長が合う

君ともっと一緒に居たい
君とずっと一緒に居たい
そう思うようになった

ああ、君が男の子だったら
よかったのに…
そう思うようになった

見た目は完璧な美少年の君
でも君は女の子
高鳴る胸をどうしたらいいのか
わからなかった
複雑な感情をどうしたらいいのか
わからなかった

play marbles5

肌寒く
つんと鼻に秋の香りがする夜
君の家に招待された

真っ白で大きなソファ
小さなテーブル

シンプルで飾り気のない
部屋が君に似合っていた

「暇だから作ってみたんだ」

と、注いでくれた
自家製サングリア

甘くて
わたし好みの味
媚薬のようだった

「映画でも観ようか」

ソファに座るわたしを
横から抱きしめながら
テレビのリモコンを
操作する君

観はじめたのは
推理映画

play marble6

推理映画
観たことがなかった
今まで興味がなかった
だけど
面白い…
新しい世界を発見した気分

映画が終わり
エンドロールが流れる頃

君はわたしの横で
ソファの上で
正座をする

大きな身体を
小さく畳んで
わたしの方を向き

「好きです」

聞き取れないくらい
小さな声で
わたしに伝えてくれた

play marbles7

その瞬間
わたしの世界は一変した

ああ
そうなのか
君と居れる選択肢が
この世にはあるのか

君と居たいと
願った思いは
叶えてもいいのだ

正座したまま
顔を真っ赤にして
下を向いている
君に誠実さを感じ

愛おしいと思った

わたしは君の手に
わたしの手を重ねた

play marbles8

すぐに一緒に暮らしはじめた

独特のオーラで
夜な夜な遊びに
繰り出して
派手な生活を送っていそうな
君だったが

真面目な性格で
質素な暮らし方

その容姿からは
想像ができない姿が
沢山見えてきた

その度に
愛おしさが増す

play marbles9

腑に落ちないことがひとつ

どうしてこんな
平凡で何もないわたしを
すきになってくれたのか

「病弱そうで青白いところ
控えめで柔らかい声
折れそうなペタンコの身体
大きくない目
全部好みだよ」

不思議な美少年な君は
好みも不思議だった

そんな不思議な好みに
当てはまることができて
わたしは嬉しかった
君の好みに当てはまることで
何にもないわたしに
魅力が生まれた気がした

play marbles10

「見せたい景色があるんだ」

そう言って君は
夜を跨いで車を走らせる

一緒に過ごしはじめて
初めての夏の暑い日

遠く離れた
見知らぬ土地を
夜を越え抜けると

見たこともない綺麗な蒼い海

午前中の眩しい光に
当たる真っ白な砂浜

またわたしの世界は広がっていく

海は苦手だった
夏に外に出て日を浴びるなんて
自発的にすることがなかった

だけど

あまりに綺麗な景色が
目の前に広がる

その海に触れたい

生まれて初めて
泳ぎたいと思った

サンダルを脱ぎ
自ら海の中へ足を運ぶ

柔らかい白い砂が
足の裏を掠める

冷たい透明な海水が
心地良く波を運ぶ

今まで持ったことのない感情に
戸惑いながら
海の中を歩く

そんなわたしを
微笑みながら
見守る君

「君に見せたい景色が沢山あるよ」

そう言って手を繋ぎ
また微笑む

play marbles11

君からもらう
景色は
いつもわたしの世界を
塗り替える

城下に永遠と続く
桜並木と
桜吹雪

山を越え
抜けた先に
広がる
空の色が映る海

紅葉の絨毯

山脈に広大に広がる
雪景色

今までみたことのないものを
わたしに見せてくれる

play marble12

わたしは
人付き合いが苦手だ

苦痛で
息苦しい

ひっそりひとりで
生きてきた

そんなわたしに
きみは生きるエネルギーを
くれる

この世は
素晴らしい景色で
満ちていると
教えてくれる

君からもらうものは
わたしの心を
満たしてくれる

わたしは未熟で
何にもない人間だけど
この世に生きているという
実感をくれる

play marble13

テーマパークも
好きな君

いろんな場所へ
連れて行ってくれる

一緒に過ごしはじめて
いつくかの季節が過ぎた頃

君はシンデレラ城の前で
跪坐く

ずっと一緒にいてください

と、わたしの左手の薬指に
指輪をはめる

その姿はまさに
王子様

手が震えているけど
王子様

わたしは嬉しくて
言葉を失う

そんなわたしを
心配そうに見つめる

嬉しすぎて
実感が湧かないよ

わたしが言うと
微笑んで手を繋ぐ

play marbles14

結婚はできない

わかっていた
でも君とこれからの
人生を歩もうと思った

いつか
この国でも
結婚できる日がくるかも
しれない

君といる
満ちた世界で
永遠に生きたいと
心から思った

わたしは毎日指輪を眺める

play marbles15

「ウェディングドレスは着せてあげたい」

彼はわたしを異国へ連れ出す

湿気のない暑さと
柔らかい風が吹く
なんともいえない
心地良いい国

時間はゆっくり流れ
大きな太陽
揺れる椰子の木
暖かく穏やかな海がある

そんな国の砂浜で
ウェディングドレスを着るわたしを
タキシードを着た君が
抱きしめる

愛おしいと
何度も何度も思う
君からの愛を
全身で感じる

play marbles16

君が居ない夜は
君から貰った
沢山の手紙を読み返す

君が書く文字は
とても綺麗

「君はまるでラムネの中のビー玉みたいだ…」
君から貰った手紙の中で
一番好きな手紙

わたしは自分の気持ちを
表現するのも苦手だ
手紙や作文は
難しい

君からの魅力的な
手紙たちを
クローゼットの奥
小さな箱に
大事にしまう

君は食欲旺盛

細い身体で
人の5倍
御飯を食べる

君はいろんなものを
食べたがる
君といろんなものを
食べに行く

食にも興味がない
わたし

だけと君と食べる御飯は
食べたことのないものは
とても美味しい

食べることで
エネルギーが満ちること
心が満たされることも
君が教えてくれた

君の為に君の好きなものを
沢山作る

君が隣で
美味しい美味しいと
沢山食べる

心が満たされていく

「君を幸せにしたいんだ」

そう言って
君はたくさん働く

真面目で
責任感が強く
面倒見が良く
優しい
誰からも愛される君

そんな君は
更に
出世していった

キラキラ輝く世界へ
更に飛び立っていく

play marbles19

だけど
日々過ぎ去る中で
わたしは
そんな君に
劣等感と不安を
感じ始める

なんにもないわたし
毎日コーヒーを運ぶわたし

君は輝きを増していく
君の周りには
輝いている人が沢山いる

こんなわたしは
きっと
飽きられてしまう

わたしは
置いていかれてしまう

わたしは君に
相応しいのだろうか

不安は膨らんでいく

play marbles20

わたしは
勤めていたカフェを辞めた

君に近づきたかった
わたしも輝きたかった
君と居た長い時間で
わたしも少しは
何にもないわたしから
変わっていた


高級店の
ジュエリー売場で
働くことができた

毎日
キラキラ輝くジュエリーに囲まれ
わたしも輝ける気がした

煌びやかな世界

だけど
すぐに息苦しさを
感じ始めた

うまく笑えなくなった

君の隣で
勘違いをしていた

わたしは
何にもないままだった

play marbles21

すぐに仕事に
行けなくなってしまった
わたし

弱くて何にもないわたし

「仕事は1日の大半を占めるんだから
嫌なら違うことをすればいいよ」

君は優しい

でもわたしは
自分の価値すら
見出せなくなっていた

どうにかしないといけない
何にもないわたしでは
いけない
このままではいけない
君に見放されてしまう

わたしの中で
焦りばかり募っていく

きっとわたしは
君の前で
うまく笑えなかった

play marble22

君はとても忙しくなっていった

家に帰ってこない日が
増えていく

わたしは1人
君の帰りをひたすら待つ

何にもないわたしに
何ができるのか

考えながら
ひたすら待つ

寂しさを
紛らわせる
術がなかった

そして
不安と焦りは
疑念へ変わる

君は帰ってこない

play marbles23

『play marbles』

『play marbles』 葉仁 作

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-11-14
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。