*星空文庫

本来なら

しずしず 作

とても、おとなしくて

目立たないし

痩せ型で、線が細いから

いじめられる存在かも知れなかった

でも、彼には

実力と才能があった

とてもおとなしい彼が

鍵盤をさわれば

誰もが綺麗だと思う音を奏でる

どうしても蔑めない

清らかさがあり

いじめっ子の心さえも救う

こういう人って

いるんだよ

神様が選んだみたいなね

『本来なら』

『本来なら』 しずしず 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-11-13
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。