*星空文庫

アキレスと(うさぎと)亀 異聞⑤

ケケロ脱走兵 作


        「アキレスと(うさぎと)亀 異聞⑤」


 アキレスは亀が来るのを待っていた。待っている間にこんな馬鹿げた競

争を引き受けたことを後悔していた。

「どう考えて見ても亀を追い越せないなんてことはあり得ないじゃないか

。亀が来たら競争を断ってすぐに帰ろう」

と思っているところへ、亀がうさぎを連れて現れた。亀は、

「遅くなって申し訳ない。実は、うさぎさんが俺と駆け比べがしたいと言

うので、それじゃあみんなで一緒にやろうってことになって連れて来たん

だが、いいかな?」

アキレスは、

「ええ、いいですよ」

と、考えとは裏腹に快く引き受けてしまった。実はアキレスはうさぎが大

好物だったのだ。

 競争は亀とうさぎが一緒にスタートして、後からアキレスが追い駆ける

ことになった。うさぎはスタートするとすぐに亀を引き離して山の頂上を

目指して駆けて行った。亀が見えなくなるとアキレスは駈け出した。しば

らく走ると木の陰でうさぎが寝ていた。アキレスはこの時とばかりにうさ

ぎを捕まえようとしてゆっくり近付いた。すると、うさぎが気付いてすぐ

に逃げ出した。アキレスは競争のことなど忘れてうさぎを追いかけた。

 亀が山の頂上に到着してもアキレスとうさぎはやってこなかった。つま

り、アキレスは亀を追い越せなかった。

 それを見ていたイソップはしばらく考え込んでから、

「そうか!」

と言って手を打った。

                         (おわり)

『アキレスと(うさぎと)亀 異聞⑤』

『アキレスと(うさぎと)亀 異聞⑤』 ケケロ脱走兵 作

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-11-12
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。