*星空文庫

リラックスする方法

none 作

結論から先に
リラックするには

1.きもちのいい音楽をきく
2.体をうごかす
3.思っていることを吐きだす

ストレスの原因は9割が人間関係から生じるものだといわれる。
じゃあストレスをへらすには対人スキルを磨くのがいちばんだということになる。でも一週間やそこらで対人スキルをマスターするわけにはいかない。
とくに入学・就職したてのころは知らない人ばかりで気づかれする。それはもうしかたない
だから今度はたまったストレスをどう解放するかをかんがえる

ネット上にはいろいろリラックスするための方法が転がっているが、自分が試してみて効果があったなと感じたのはさいしょにあげた3つの方法だ。
ここからはその3つの方法を順番に解説していきたい

1.きもちのいい音楽をきく

いぜん自分はストレスがたまるとパンクロックを大音量できいていた。たしかに一時的にはすっきりするのだが、なぜかそのあとで気持ちが沈むのを感じていた。それはパンクロックの刺激が強すぎたためだとおもう。
もちろんパンクロックを否定しているわけではないし、パンクをきいてすっきりできる人はそうしたほうがいい。ただ個人的なおすすめとしてはもっとやさしい音楽、たとえばピアノとか、小川のせせらぎのBGMとかを聞いたほうがよりリラックスできるとおもう。
これは一般的にいえることだが、強い刺激(大音量で激しい音楽をきく、酒、ギャンブル、やけ食い、衝動買い)でストレスを忘れようとすると、あとでその刺激の副作用をうける。あるいはその刺激が癖になって中毒になってしまう。なので低刺激のものでストレスをやわらげたほうが結果的によりリラックスできる。
まあたまには羽目を外すのもいいとおもうけど。

2.体をうごかす

これは効果がある。悩んでいるときに部屋のなかですわりこんでいるとよけい暗いきもちになる。くよくよしているときは外にでて歩きまわると気分が晴れる。とくに自然のなかを歩きまわるとすっきりする。
外にでるのが面倒だなあと感じるときは、それでもあえて外にでる。とにかく外にでて体をうごかす。
外にでればなんとかなる。家のなかでじっとしてるのはよくない。個人的な意見ですが

3.思っていることを吐きだす

頭のなかで悩んでいるときは、考えが堂々めぐりしていたり、ことばにできない嫌な感じにとりつかれていることがほとんどだとおもう。そんなときは紙やスマホのメモアプリや、PCのメモ帳に悩んでいること書きなぐるとよい。具体的にじぶんが何をなやんでいるのかわかるし、言葉にしてアウトプットしたことで胸がすっきりする。問題が整理できたことで解決策もみえてくるかもしれない。
地味な作業だけどじぶんの気持ちを正直に書きだすのはとても効果がある。

以上です

上に書いたことはあくまで個人の意見なので参考程度にしてください
リラックスの方法は人それぞれだとおもうので、ぜひみなさんも自分にあったリラックス法をみつけてゆとりのある人生をおくってください!

『リラックスする方法』

『リラックスする方法』 none 作

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-11-06
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。