*星空文庫

天外の魔術14

緑谷式 作

そうして彼女は煙草を吸った。
「獅子は我が子を千尋の谷に突き落とすと言うしな。まあやれるだけやってみろ」
「了解、マスター」
そうして彼女は去っていったあとには煙草の臭いが残った。
体術、その歴史は古い・・・文献によれば、古代のローマから、その歴史は始まったと言う。しかしその頃は剣の時代だった。体術、それは、武器を使わない純粋の格闘術である。古代ローマでは、拳で戦う武術もあったと言う。しかし近代中国でそれが花開いた。
それが中国武術である。煌人はその中で八曲拳に憧れた。そうして自分なりに試行錯誤でそれを研究した。そうして一晩彼はそれに取り組んだ。

『天外の魔術14』

『天外の魔術14』 緑谷式 作

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-09-13
Public Domain

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。