*星空文庫

No Safety Zone

西園寺リルケゴール 作

No Safety Zone

   



   



   



   



   



I wanted to understand you than anyone. Because I wanted you to know me than anyone. But I have met me of the darkness that I was afraid of most again. You meet me who turned ugly last sometime and will be lost in people. My life is the repetition of the eternity. My cousin committed suicide in desperation over repetition of the eternity in the winter before last. If you are common somebody of me, I will be given common love to you. But familiar despair drives me who loved you too much to demon's night.



   



   



僕は誰よりもあなたを理解したかった。

僕は誰よりもあなたに僕を知って欲しかったから。


   



だけど僕は僕が最も恐れる闇の僕にまた出会ってしまった。

あなたはいつか最後に醜悪に変わり果てた僕と出会って人々の中へ紛れ込むだろう。


   



僕の人生は永久にその繰り返しだ。

僕の従姉妹はその永久の繰り返しに絶望して一昨年の冬に自殺した。


   



君が僕のありふれた誰かだったら、僕は君にありふれた愛をあげられるだろう。

でも、君を愛しすぎた僕を馴染みの絶望が魔物の夜へ駆り立てる。



   



   



   



   



   

『No Safety Zone』

数年間に書いた。

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich
先端KANQ38ツイッター https://twitter.com/kanq3

『No Safety Zone』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-09-10
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。