*星空文庫

マッチ売りの少女

earthsolute 作

まあこんなもんか。抜粋文。

少女は孤独だった。つまり誰もいなかった。彼女の知り合いは、仕事先の人だけだった。

仕事先の人
「納入されたマッチです。あとはよろしく」

少女
「ふ。みんな私の魅力に酔いしれてしまうぜえ」

仕事先の人
「ふ。楽しみにしてるぜ」

しかし売れない。

少女
「奥の手だ。おいあんた、マッチを買うと同時に、そうだな、私の裸の写真取らせてやるよ!」

とまあ、援助交際みたいなことをもちかけた。

相手
「お前ガリガリガリクソンだから興味ない」

少女
「どこかにロリコンはいないのか!?」

少女は自分のフューチャリングを明らかに間違えている。
彼女はこうすべきである。

少女
「私がガリクソンなのは、お前らのせいだ!」

私がもてないのはぷっ。

ロリコン紳士がいた。

ロリコン紳士
「そうだな、お前とうちの犬をやらせて」

少女
「おお! 確かナチスは、獣姦させていい感じの生物兵器ができないか試していたっていうぜ。ちなみに第二次世界大戦中に、スウェーデンはドイツにしたがっていたぜ!」

ロリコン紳士
「なかなかいい肝っ玉じゃないか」

少女
「金はくれるんだろうな? つか前金よこせ」

ロリコン紳士
「がめついやつじゃないか。しかし私は金を持っているので渡そう」

渡した。

少女
「いっひっひ」

ロリコン紳士
「ふっ。」

彼は強缶した。

少女
「約束が違う・・」

ロリコン紳士
「お前が金など要求するからさ。しかし金は支払おう。」

彼は支払った。

ロリコン紳士
「お前が価値ある存在で良かったな。強缶されたことを誇りに思うがいい。
もし強缶すらしてもらえないなら、一体お前は何なんだろうな??」

彼は去った。

少女
「あいつ絶対紳士じゃない」

そうだね。

彼女は馬鹿なので宿に泊まり、金がなくなった。
伏せ字だけど大丈夫だよね・・?

でも絶対に何やってるかわかっちゃうよな。
まあ他に反映されない。やばいな。もしカクヨムから首にされたら・・・

”お前は一体何なんだろうな??”

 どの家のまども明かりがあかあかとついていて、おなかがグゥとなりそうなガチョウの丸焼きのにおいがします。そっか、今日はおおみそかなんだ、と少女は思いました。一つの家がとなりの家よりも通りに出ていて、影になっている場所がありました。地べたに少女はぐったりと座りこんで、身をちぢめて丸くなりました。小さなあんよをぎゅっと引きよせましたが、寒さをしのぐことはできません。少女には、家に帰る勇気はありませんでした。なぜなら、マッチが一箱も売れていないので、一枚の銅貨さえ家に持ち帰ることができないのですから。するとお父さんはぜったいほっぺをぶつにちがいありません。ここも家も寒いのには変わりないのです、あそこは屋根があるだけ。その屋根だって、大きな穴があいていて、すきま風をわらとぼろ布でふさいであるだけ。小さな少女の手は今にもこごえそうでした。そうです! マッチの火が役に立つかもしれません。マッチを箱から取り出して、カベでこすれば手があたたまるかもしれません。少女は一本マッチを取り出して――「シュッ!」と、こすると、マッチがメラメラもえだしました! あたたかくて、明るくて、小さなロウソクみたいに少女の手の中でもえるのです。本当にふしぎな火でした。まるで、大きな鉄のだるまストーブの前にいるみたいでした、いえ、本当にいたのです。目の前にはぴかぴかの金属きんぞくの足とふたのついた、だるまストーブがあるのです。とてもあたたかい火がすぐ近くにあるのです。少女はもっとあたたまろうと、だるまストーブの方へ足をのばしました。と、そのとき! マッチの火は消えて、だるまストーブもパッとなくなってしまい、手の中に残ったのはマッチのもえかすだけでした。

マッチ売りの少年。

マッチ売りの少年もまた、マッチを売っていた。
少年は灯油を盗んだ。おい。彼は爪を剥がされた。須佐之男だ。

少年
「神よ! 私の爪を蘇生させたまえ!」


「えー。」

少年
「くそ神め! お前なんか死ねばーか!」


「むかつく餓鬼だな。盗んだら報復受けるのは当たり前じゃないか」

少年
「なるほど。それにしても爪がないとマッチの蓋を開けられないんだよ」


「ふ、いいだろう。」

彼は彼の爪を剥がした人を殺し、その爪を彼に返した。爪はくっついた。

少年
「ふはは! 俺は神に加護を」


「無駄口叩く暇があるなら、お前の発案をとっとと実行へ移せ」

少年
「はいはいはいよぉ!」

彼はマッチと一緒に、薪や着火剤も売ることを提案した。

相手
「え? マッチは燭台用のマッチだよ。」

少年
「そうだ。しかし新たな売り方を考えねば市場競争に残れないぞ。ふん。
ストックホルムなどその程度か?」

相手
「何と比べて言っているか」

少年
「フィンランド」

相手
「・・・あのアカに劣ってるだと? 馬鹿な!?
いいだろう」

なんてちょろいスウェーデン人だ。こんな人いないぞ。

少年は、

「薪は要りませんか? 要るにきまっている、イルハンも要るって言うぐらい要る。
これは存在の居るである。そこにすでに存在している。」

何を言っているのか意味がわからない。

少年
「もうあなたは薪を必要としている。必要としているなら買うしかない。さあ金を出せ」

相手
「うんいいよ」

買った。

少年
「そう。俺の薪の特性は、この薪・着火剤・火の三本建てで構成されている」

他の人
「そうか。ほしいな」

少年
「ワンセット一万円だ」

他の人
「えー。薪すでに」

少年
「違うお前の薪は濡れている。つかないぞ!」

他の人
「そんなことない」

少年
「そうか。では安売りする。着火剤欲しいだろう?」

他の人
「それだけでいいよ、五百円」

少年
「いや千円だろう。あんまりみんな使わないから、高いぞ結構」

他の人
「そうだな。」

少年
「よし。俺は金を神への供物として捧げる。さあ神。お前の分だ」


「おう。いい子だなお前案外」

彼は金をとってった。神道だな。

さて、少女はマッチを、こすれば、火がついて、暖かくなるんじゃないかと
勘違いするほど、追い詰められていた。しかし彼女は考え直した。

少女
「違う。私は、家に入る。」

彼女の家は、ない。ホームレスである。
しかし

少女
「この家は開いているはずだぁ!」

入る、中に人がいる。


「誰だ貴様」

少女
「ばいしゅ、マッチを売る!」

人(家人)
「そんなことより貴様のていそ」


「おい。」

家人
「? なに?」


「マッチか。一箱貰おう」

少女
「おや。やってみるもんだな」

売れた。


「もし寒ければ家に来なよ」

少女
「え? いいの?」


「いいよ。」

多分あまりスウェーデンではないんだろうな。こういう現象は。ただここはデンマークのはずだ! でもスウェーデンでいいや。
でも俺は思う。そう俺は確かに男性だけど、東海岸は、湿気が濃すぎるのさやっぱ。

俺は不利な立場で生きる。俺は減らされた生存権で生きる。のが宿命だ。

少女
「そうか。ありがとう。めっちゃくる!」

そうか。

彼女は寝た。

おっさん
「妻、彼女いきなりナイフで俺を殺さないかな」


「私が殺さないうちは殺さないだろうね」

おっさん
「ふっ。脅しすぎだろお前。脅しじゃないのがまた怖い。
お前離縁するぞ!」


「馬鹿め。この家はそもそも私のもんだ!」

おっさん
「さっせん。」

w。さっせんとは、すいませんって意味です。

さて、少女は余裕で歩いていた。ら、少年が、薪を売っていた。

少女
「あれだ・・・」

なんてやつだ。彼女は、少年の方式を真似して売り出した。

batushuka

少女
「・・・そうか。私は吸収する神か、」

何ゆうてる。
彼女は神なので、神のように売り出した。

少女
「買うがいい私は神だ」

こんな人がいたな。あれに。
俺にはわかる・・・kalmankantajaは、フィンランド人。
そして、batushukaは、ポーランド人。

人種が違う。ポーランド人は、普通に白人である。
フィンランド人の場合は、男性が全部やらなきゃいけない・・・
それがハプログループNの宿命なのかもしれない。

そしてこのすばは福井県の人が書いている。
関西人だ。関西人は、非アイヌなのはもちろんだが、
ハプログループNよりおそらく新しいだろう。俺はアクアを言っている。

まあ? 全部間違っているだろうけどね。
ただ人種の新しさで言えば

kalmankantaja→このすば→batushuka、なんじゃねえかなと。
そうでもないか? 人種が関与するか、するが古い新しいは関係ないか・・・?

フィンランド人と、ハンガリー人はさほど関係ないって言われるがどうかな。
なんかハンガリー民話臭もせんでもないぞ。

ただスウェーデン人はスウェーデン人だ。白人のはずだが。

まいっか。俺の予測はすべて間違っている。戯言だ。

相手
「かわいそうな奴だなあんた・・・」

少女
「違う! 私は健全だし優秀だし、全知全能だ!」

さっきやってたけどね。

少女
「あんなもんはあれだ、ふ。私の神格化と同時に些細な出来事はすべて
・・・浄化された。違う、なかったことになった。んだ!」

相手
「呪われそうなマッチだ。少年から買うよ。」

いろんな個性を持った少女は楽しいね。
でももうそれも終わりだ。俺は音楽に操られているだけの。

my dying bride

ドストエフスキーを多少彷彿とさせるな、ちょっと頭おかしい女性。
スメルジャコフの母親のことである。他者から見ると奇異に映るものだ。

my dying brideからいわせれば、batushukaは、ドストエフスキーと似ているらしい・・・。ふっ。

相手
「いや。お前から買おう」

少女
「私は頭おかしいはずだが」

相手
「本当におかしい奴はそういわない」

少女
「お前。少年を殺す気だな。私にはわかるぞ。フランダースの犬知ってるからな。
イギリス人はその轍を踏む。my dying brideもそうだ」

相手
「だからどうした。」

少女
「私も共犯者だ! そしてお前は自害している」

彼女は男に売った。

俺は何にでも寄り添えるが、何に寄り添えばいいのかわかっていない。でも
batushukaは結構いい感じだった。いいじゃないかスラブ人!

西洋人よりお前らいいかもしれんぞ。

なし。店内放送。

少女
「ふう。少年。せいがでるな!」

少年
「ああ。」

少女
「お前さんの方法は実にいい」

少年
「そうだ。俺は優れている。」

彼はある程度売った。
少女は、おばさんちへ行った。

少女はべつのマッチをかべでこすりました。すると、火はいきおいよくもえだしました。光がとてもまぶしくて、かべがヴェールのようにすき通ったかと思うと、いつのまにか部屋の中にいました。テーブルには雪のように白いテーブルクロスがかかっていて、上にごうかな銀食器、ガチョウの丸焼きがのっていました。ガチョウの丸焼きにはリンゴとかんそうモモのつめ物がしてあって、湯気が立っていてとてもおいしそうでした。しかし、ふしぎなことにそのガチョウが胸むねにナイフとフォークがささったまま、お皿から飛びおりて、ゆかをよちよち歩き出し、少女の方へ向かってきました。そのとき、またマッチが消えてしまいました。よく見ると少女の前には、冷たくしめったぶ厚いかべしかありませんでした。

少女
「外で大道芸を見せてやるよ」

おばさん
「そういうのは客に対してやれ。私達からは金とれんだろう」

少女
「その通り。さすが名推理おばさん。」

彼女はそれを披露した。


「ふ。ここに魔女がいるぜ」

少女
「おっと。その理論をスウェーデンで使わせるわけにはいかないぜ」

おそらく。ただし、アンデルセンはデンマーク人である。あらら?
マッチ売りは、デンマーク産です・・・
ですからここもデンマークのはずです。

少女
「デンマークだろうとスウェーデンだろうとイギリスの話をここに持ち込んでもらってはこまる!」


「まあ冷静になれよ糞ガキ」

少女
「ひどすぎるだろうそれは。私は魔法が使える」


「魔女じゃねえーか!」

唱和。

少女
「まあまて、無害なものだ!」

見せた幻覚を。


「覚醒剤並みの効果を持つじゃないか。どこが無害なんだ?」

少女
「身体に毒はない。」


「だってさ?」

お客
「だって。」

少女
「・・・馬鹿馬鹿! 私が超格好いい事しているのになんなのささっきから!」


「金がどうやら欲しいらしいな。わかった。
では脱げ」


「やめろ馬鹿!」


「じゃあお前が金払ってやれよ」


「いいだろう。あんたなかなかいい幻影召喚師だよ。これを持っていきなさい」

彼女は金を支払った。

少女
「ありがとうございますお姉さま。これで明日も食えますだ。」

彼女はそそくさと去っていった。


「変態!」


「うるさいなあ。だってあんなん腹のたしにならんじゃんか。そんなもののために金支払うなら、同様に腹の足しにならない Pをしてもらわないと、

それで完全体だろ。」

そうか。Pでいいのか。


「馬鹿!」

彼女は去る。

少女はもう一つマッチをすると、今度はあっというまもありませんでした。少女はきれいなクリスマスツリーの下に座っていたのです。ツリーはとても大きく、きれいにかざられていました。それは、少女がガラス戸ごしに見てきた、どんなお金持ちの家のツリーよりもきれいでごうかでした。ショーウィンドウの中にあるあざやかな絵みたいに、ツリーのまわりの何千本もの細長いロウソクが、少女の頭の上できらきらしていました。少女が手をのばそうとすると、マッチはふっと消えてしまいました。
 たくさんあったクリスマスのロウソクはみんな、ぐんぐん空にのぼっていって、夜空にちりばめた星たちと見分けがつかなくなってしまいました。そのとき少女は一すじの流れ星を見つけました。すぅっと黄色い線をえがいています。「だれかが死ぬんだ……」と、少女は思いました。なぜなら、おばあさんが流れ星を見るといつもこう言ったからです。人が死ぬと、流れ星が落ちて命が神さまのところへ行く、と言っていました。でも、そのなつかしいおばあさんはもういません。少女を愛してくれたたった一人の人はもう死んでいないのです。
 少女はもう一度マッチをすりました。少女のまわりを光がつつみこんでいきます。前を見ると、光の中におばあさんが立っていました。明るくて、本当にそこにいるみたいでした。むかしと同じように、おばあさんはおだやかにやさしく笑っていました。「おばあちゃん!」と、少女は大声を上げました。「ねぇ、わたしをいっしょに連れてってくれるの? でも……マッチがもえつきたら、おばあちゃんもどこかへ行っちゃうんでしょ。あったかいストーブや、ガチョウの丸焼き、大きくてきれいなクリスマスツリーみたいに、パッと消えちゃうんでしょ……」少女はマッチの束たばを全部だして、残らずマッチに火をつけました。そうしないとおばあさんが消えてしまうからです。マッチの光は真昼の太陽よりも明るくなりました。赤々ともえました。明るくなっても、おばあさんはいつもと同じでした。昔みたいに少女をうでの中に抱きしめました。そして二人はふわっとうかび上がって、空の向こうの、ずっと遠いところにある光の中の方へ、高く高くのぼっていきました。そこには寒さもはらぺこも痛いたみもありません。なぜなら、神さまがいるのですから。

俺はすぐFしたがるw、でも俺は悪くない。なぜならこの部屋が糞暑いのが悪いのだ。しかも本来涼しくできるのを、むやみに暑くしている、重罪である。

おばあさんは太陽だった。天照大神か。

少女
「私のおばあさんはすでに死んでいるが、私は魔女なので(いっちまった)
彼女を召喚することが、可能だ!(カツッ)」

潮来か。どういうことだろう? 確かに原作でも召喚している。
デンマーク人と日本人で人種がかぶるかというと、可能性としてはハプログループNだろうか。

少女
「私のターン!」

彼女は一気にマッチを擦った。講談社の漫画で、写真を取ることで霊を封じる女が出て来る話があるが・・・

なんで私のターン! なのかというと、マッチを擦る動作と、カードをドローする動作が、なんとなく見た目が似ているからである。

召喚した。

ばあさん
「よく私までたどり着いた。(カツッ)ポケモンのタワーの上にいる傾向の強いばーさん的意味合いで」

ばーさんは高い場所が好き・・・

少女
「ばーさん。私の魔力では(?)、あなたを現世に留めておける時間が限られるが、
そこら中の人間から、生命エネルギーを吸収することでばーさんを、この世界に
継続的にとどめておくことが」

怖いw

ばあさん
「(カッ)反魂の術!」

地獄先生に出ていたな。

ばあさん
「あれとは違うが、まああれでは大した代償ではないが、ゲド戦記の方を見てみるがいい。死者を呼び出すには」

少女
「現世と冥界の逆転だな。しかし他のすべての人間を犠牲にしてでもばーさんを
この世界につなぎとめる」

ばあさん
「全く。お前を連れてってやる!」

少女
「え? ばーさちょ! 」

ばあさんは彼女の魂を抜き出す。怖い怖い

少女
「やめろこの馬鹿!」

ばあさん
「I am your worst night mare」

少女
「消えろこの、私の最愛の人!」

彼女はばーさんを追い返した。

少女
「えーん。一番大切な人に裏切られたぁー!」

泣いた。
終わり。

まあ補足説明すると。

ばーさん
「あんな糞ガキに召喚されるほど私は落ちぶれていない。
私はその気になれば自ら冥界より舞い戻る。」

だそうだ。

ばーさん
「がしかし、おそらくその場合、ゲドのように、影に常に命を狙われることになるだろう。

そしてその影を倒す。これは面白い。しかしまあ・・・
多分あの子は時期に死ぬだろう。そうなると、

私は現世のすべてを奪い尽くすだろう。自重しよう。」

今度はばーさんが孫娘を蘇らせる番になるって訳ですね。
まあアンデルセンはキリスト教徒なんで、天国に行けるってことで落ちにしています。

でもキリスト教徒では、かんたんに地獄に落とされてしまう。ですから
ばーさんにしても、孫娘にしろ、もし天国での安楽を望むなら
とても清廉潔白なものとして、生き抜かねばなりません・・・。ですよ。

もしそのルールを守れなければ、キリスト教を無視した考えを、取得せねばなりません。

ばーさん
「神か。もし神が私を地獄へ落とすなら」

お前さんどこにいるんですか?

ばーさん
「私は私が創造した固有結界の中にいる。ここは死の世界だが地獄ではない。
正確にいえば私の霊魂は未だ死を免れている」

キリストがよく許してますこと。

ばーさん
「あいつら大雑把だから無視してやがる。ただし、悪魔はたまに襲ってくるので
それを追い払う力はなければならない。」

自己救済です。

『マッチ売りの少女』

『マッチ売りの少女』 earthsolute 作

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 時代・歴史
  • SF
  • 青年向け
更新日
登録日 2017-08-17
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。