*星空文庫

あとがきの下書き

ミナト螢 作

身長が止まった頃から
詩人になりたいと思っていた

悩みがないと書けないものだと
長い間ずっと私は間違えた
悩みがなくても疑問を持つこと

どうして死ぬ時に靴を脱ぐのか?
遺書をしまう為?
もしかしたらあの世は
土足禁止なのかも知れない

こんな事を真面目に考える事が
詩を書き続ける原動力になる

作品は誰かに読んで貰うと
また違う輝きを見せてくれる

その先に詩集があるとしたら
誰かに渡せる作品が良い
詩という世界のエンターテイメントを
もっと根付かせていきたいと思う

『あとがきの下書き』

『あとがきの下書き』 ミナト螢 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-08-13
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。